飛行機で救護人が出た!!そんな時の飛行機会社の対応は!?

まさか、自分の乗っている飛行機で救護人がでるとは思いませんでした。

しかも、本当にテレビでやっているように機内アナウンスで「お医者様はいらっしゃいませんか~?」と言うんですね。本当にびっくりしました。

 

2014年の秋にハワイに行くために乗った大韓航空。

シートが直角過ぎたため、すぐに後ろに倒すも離陸時の飛行機のアナウンスで元に戻すようにアナウンスがあり、少し窮屈ながら元に戻し離陸を待つ。

2年ぶりの海外旅行のため、少しドキドキしながら離陸をしたが、すぐに動悸は収まり、安定飛行に移る。

ハワイまではだいたい7-8時間くらいかかるので、少し寝ようとしてみたが、何やらCAが慌ただしい。と思うとすぐにCAに付き添われて飛行機の後部から前の方に行く人がいた。

その時は具合が悪かったのかな?と思う程度だったが、それから1時間もしないうちに「お医者様はいらっしゃいませんか~?」のアナウンスがあった。

しかし、ドラマとは違い誰も手をあげない。

というか、そんな偶然はない。

そして数十分がたち、飛行機は羽田へ。。。

 

成田出発から1時間半後羽田へ向かった。

まさかとは思ったが、飛行機は救護人のため日本へ戻っていった。

 

機内はどよめきが残ったが、人命のために懸命な判断だと思った。

 

私はオアフ島からハワイ島の乗り換えがあったので、どうしようかと思ったが、CAに相談すると全てを手配してくれる約束をしてくれた。

羽田で救急車が待っていたため、救護人を乗せ救急車は走っていった。そして、残された我々は飛行機の整備が終わり次第羽田を出発。羽田を出発したのが、成田を出発してから5時間後であった。

救護人のため遅れたフライトはどうなるのか?

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました