パタヤからバンコクへ戻ります

パタヤからバンコクへ

パタヤからバンコクに帰るには、行きの逆のルートをたどれば戻れます。

行きのルートはこれです。

バンコクからパタヤに108バーツで行く方法(バス)
バンコクからパタヤに108バーツで行く方法 バンコクからパタヤまでは108バーツで行くことができま.....

↑バスターミナルの場所も確認できます。

 

僕らの宿はウォーキングストリートの端のほうなので、バスターミナル(バスステーション)からかなり離れていました。

 

行きはバスターミナルから、60バーツ(180円)で中心地まで来ましたが、今回はバイタクに乗った場所が離れているので、交渉の結果100バーツ(300円)でバスターミナルに戻ることができました。

map

 

日中で歩くのが嫌だったのと、楽さをとったら十分な値段だ。

img_4385

バイタクはスリル満点で楽しい。

 

スポンサーリンク

バスターミナル到着

99aef852-1490-41a1-bc57-1bc807a26c9e

バスターミナルの外観。

img_3661

ソンテウが待機している。

こいつらは結構ふっかけてくる。

img_3663

バイクが多すぎ。

img_3664

過剰なドライバー。

 

チケット購入

ef4e34fd-286e-4da3-a3b7-f1c1af1a72ff

チケット売り場。

ここでエカマイから来た値段と同じ1人108バーツでパタヤからバンコクまで戻ることができる。

 

このパタヤから出ているバスはモーチット(Morchit)、Southern、Huahin、Mukdahanに行くことができるっぽい。

 

僕らは到着してからすぐにチケットを買った。

 

出発時間は30分後。

それまで近くのファミマに行ったり待合所で時間を潰した。

 

待合所では

img_3667

待合所には、食べ物やフルーツが売っていたりフードコートっぽいものもあった。

img_3671

ここではライスとカレーと1品で30バーツ(90円)からと激安だ。

img_3670

僕らは時間がなかったので食べてないがちょっと美味しそうだった。

ここでトイレ(有料3バーツ)だけ済まして時間になったのでバスに乗り込んだ。

 

時刻はチケットにも書いてあるし、電光掲示板でも確認できる。

img_3669

少し壊れていて、エカマイだけ確認しずらい。

 

昼間の時間帯なのに、バスは満員行きとは違い欧米人は少なくタイ人と中国人が多かった。

 

2時間もしたらバンコクのエカマイバスターミナルに到着。

 

シェムリアップへのバス

ここでカンボジアのシェムリアップへのバスの予約を試みるが、聞いてみると発着場所はモーチットという北バスターミナルの出発になるとのこと。

 

北バスターミナルはエカマイのバスターミナルと違い、電車の駅から遠い。

僕はエカマイバスターミナルから出発すると思っていたので、計画がかなり違ってくる。

 

エカマイバスターミナルではシェムリアップへの政府系バスの予約はできるが、乗り場はモーチット(北バスターミナル)なので注意が必要。

 

予定ではエカマイバスターミナルはスカイトレインという電車のすぐ近くにあるので渋滞もなく移動できる。

そのため近くの宿を取ろうと思っていたが予定が狂った。

少し予定の変更を余儀なくされた。

 

※バーツの計算は約3円で計算しています。実際のレート次第で前後します。

タイでのインスタグラム

http://52theworld.com/post-2333/

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

01.タイ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました