【厳選】旅行にお勧めなコンパクトな三脚。iPhoneでも一眼レフでも使えるもの

旅行での三脚の必要性

皆で旅行に行ったときは、集合写真を撮りたいですよね。

みんなでジャンプしてる写真もいいですよね。

 

二人での旅行では、2人のラブラブな写真を撮りたい。

 

一人でも、素晴らしい景色と撮りたい。

 

セルフィーでもいいですよ。

でも、三脚を使えばもっと気軽に写真を取ることができます。

 

スポンサーリンク

三脚の選び方

旅行に持っていくなら、コンパクトかつ軽量な物を選ぶのがいいと思います。

重いものは持ち運ぶのに適していないし、そんなものを持って何を取るの?となってしまいます。

 

カメラが趣味で、素敵な写真を取るなら別ですが基本的にアマチュアならそこまでの機能はなしでいいと思います。

 

ここで重要なのは、上のコンパクトかつ軽量であることと、ローアングルの撮影が可能かどうか、カメラの総重量はいくらまで大丈夫なのか?ということです。

 

 

ローアングル撮影が可能であれば、ジャンプなどの写真や高い建物などの写真も撮ることができます。

総重量は意外と重要です。

 

スマホ用の三脚なのに一眼レフを使ってしまうと重量に耐えられなくなり、思った角度で固定できないということもあります。

 

まとめると、

  • コンパクトであること
  • 軽量であること
  • ローアングル撮影が可能かどうか
  • 取付けるカメラの重量

これを考えて三脚は選びましょう。

 

スポンサーリンク

お勧めの三脚

スマホ用三脚

これはいわゆるゴリラポッドのパチモンです。

それの上にスマホ用のコネクタがついたもの。

ちなみに、これはワイヤレスシャッターもついたセットです。

ちゃんとiPhone7にも対応しているとあります。

そして重量は100gと軽く、バックの中に入れておいても違和感ないです。

スマホならいいですが、一眼やミラーレスとなると重さから耐えれなくなると思います。
ミニ三脚

これは一眼の重さにも耐えることができます。

僕もずっと愛用していました。

しかも、500円以下で買えて送料無料です。

スマホ用ではないので、別途スマホ用にはコネクタを買ってください。

 

スマホ用アイテム

スマホ用カメラレンズ

三脚ではありませんが、取り付けると広角レンズになるすぐれもの。

これより安いレンズもありますが、写真を撮ると写真の周りに影が映ってしまったりします。

レンズは良いレンズのほうが綺麗に撮れます。

 

いかがでしたか?

写真撮影が一人でも、大人数でも楽しくなるアイテムです。

そこまで高いのもないので、いい写真を撮るため買ってみるのもいいと思います

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

旅の持ち物
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました