【インド】チェンナイ市内のタクシー移動の相場

チェンナイの移動手段

チェンナイでの移動はトゥクトゥクもしくはタクシーがメインとなるだろう。

だいたいチェンナイの近くの移動は100ルピーもあれば十分である。

スポンサーリンク

ふっかけてくる値段

どこのトゥクトゥクもタクシーも観光客とみるや法外な値段を請求してくる。

大抵は近ければ200ルピー。

 

少し遠くても300ルピー。

2キロの距離でも200ルピーをふっかけてくるが、ローカルプライスは20ルピーと教えてくれた。

 

ふっかけてくる値段はローカルプライスの約10倍とは、法外にも程がある。

ちなみにタクシーを30分程とばしても120ルピーだった。

なので、近距離であれば強気で100ルピーでいけば大抵の運転手は行ってくれる。

 

優良なドライバーであれば最初から80ルピーと提示してくる。

それでもローカルプライスからしたら高いが。

 

さすがに夜中などは金額があがるが、トラブルになって危険な目にあうくらいなら少しくらい料金を払っても安全なほうが良いので、ある程度のところで、妥協は必要だ。

 

ローカルプライスに近づけるために

ちなみに1番ローカルプライスに近づくのはUberを使うのが良い。

僕は遠いところへ行くのはUberを使っている。

 

Uberなら30分移動しても120ルピーと安心だ。

 

最近はグーグルマップと連携しているので、だいたいの相場がわかる。

 

さすがに観光地間の移動はSIMカードがないので、Uberでの移動はできなかったが、ホテルからバスターミナルの移動は重宝した。

 

参考までに

今回僕が利用したタクシー、トゥクトゥク、Uberの値段を記載しておくので、参考にして欲しい。

  • ガバメントエステートメトロ駅近くの宿→CMBT(バンガロール行きのバスターミナル)130ルピーUber使用
  • ガバメントエステート駅近くの宿→バスターミナル190ルピーUber使用
  • エグモア駅→ガバメントエステート駅近くの宿 100ルピー
  • Express Avenue→St. George’s Cathedral CSI 100ルピー
  • St. George’s Cathedral CSI→カパリーシュアル 80ルピー
  • カパリーシュアル→ガンジー像(ビーチ) 100ルピー
  • Sri Thulasinga Perumal Temple→宿 60ルピー
  • Mamallapuram ECR→Mahabalipuram Bus Station 50ルピー

結論

近くなら、Uberを利用しなくても100ルピー程で行ける。

それでもローカルプライスよりかなり高め。

 

日本人の感覚で行けば、気にする程度の金額ではない。

10キロ程度の中距離から長距離になるとUberを使ったほうが圧倒的に安くなる。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました