【列車・バス】ニューデリーからリシケシまでの行き方を教えます

リシケシはヨガの聖地として有名です。

今回はニューデリーからリシケシまでの行き方を伝えたいと思います。

リシケシまでの行き方

ニューデリーからリシケシまで行くには、大きく分けて3つの移動手段があります。

  • タクシー
  • 列車
  • バス

この3つです。

 

時間はタクシーが1番早く着き、列車、バスの順に長くなります。

詳しい行き方を教えます。

 

スポンサーリンク

一番簡単なのはタクシー

これは1番簡単です。

ホテルなり空港なりでタクシーを捕まえてリシケシまでと言えば連れて行ってくれます。

楽な分、値段が高いです。

 

僕は利用したことないですが、時間は4時間程かかり、料金は4000ルピー程(約7,000円)。

※タクシー料金は交渉制なので、かなりバラツキがあるようです。

 

3000ルピー(約5250円)で行けたと言う人もいますし、古い情報では2000ルピー(約3500円)でも大丈夫だったとか。

なんにせよ4000ルピー以上は法外な値段なので、そこは注意してください。

 

1人ではかなり割高になるので、4人でシェアできれば、一人あたりの値段はかなり割安になります。

レートは1ルピー=1.75円で計算しております。

 

スポンサーリンク

値段を抑えるなら列車もあり

残念ながら、デリーから列車は直接リシケシまではでていません。

途中のハリドワール(Haridwar)と言う駅まで列車で移動して、それから乗り継ぎの列車、もしくはバスもしくはタクシーでリシケシまで行きます。

 

タクシーなら、宿泊先のホテルやゲストハウスまで行ってくれますが、列車やバスだとリシケシの駅、もしくは近くのバスターミナルまでしか行きません。

ここからヨガのアシュラムがたくさんあるラクシュマンジュラ(Laxman Jhula)地区に行くには、更にリキシャもしくは乗り合いバスで行く必要があります。

 

手前のラムジュラ地区にも宿やアシュラムはあります。

ラムジュラ地区とラクシュマンジュラ地区は少し離れていますが、歩いて移動することができます。

 

※川の右側の地区に行くには、リキシャや車で行くには遠回りするか、もしくは橋の手前で降りて、橋を徒歩で渡っていく必要があります。

 

デリーからハリドワールまでの列車

ニューデリーは近くに駅がたくさんあります。

その中でハリドワール(HW)まで列車が出ている駅は4つあります。

  • New Delhi(NDLS)
  • Delhi Cantt(DEC)
  • Delhi Sarai Rohilla(DEE)
  • Hazrat Nizamuddin(NZM)

この4つの駅からハリドワールまで列車が出ています。

全て合わせると1日に9本の列車が出ていますが、遅い列車や深夜発の列車、早朝3時到着の列車などあります。

 

Haridwar Mail 19031 4:21→12:10 DEC→HW

Dehradun Exp 19019 5:45→14:40 NZM→HW

Dehradun Shtbdi 12017 6:45→11:22 NDLS→HW

Uttaranchai Exp 19565 11:00→16:35 NDLS→HW

Utkal Express 18477 15:00→21:00 NZM→HW

Ddn Janshtbdi 12055 15:20→19:30 NDLS→HW

Mussoorie Exp 14041 21:30→5:45 DEE→HW

Nanda Devi Exp 12205 23:50→3:50 NDLS→HW

 

 

値段は列車や乗車するクラスによって違いますので、ClearTripというサイトで値段を確認できます。

https://www.cleartrip.com/trains

自分のプランにあった列車を利用しましょう。

 

列車はそこまで難しくありません。

タクシーよりかは難易度があがりますが、バス程ではありません。

 

インドの鉄道の予約方法はこちらで詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

難易度は高いが、値段が安いバス

バスは7時間以上、時間がかかりますが、ダイレクトにリシケシまで行けます。

お金はローカルバスを使うのかVIPバスを使うので、変わりますが、それでも1000ルピーもかかりません。

 

VIPバスは予約があったほうがいいですが、無くても空きがあれば乗れます。

VIPバスはredbusというサイトで時刻が確認できます。

 

確認したところ、バスの方が便数はかなり多いです。

値段も500ルピー前後と安いです。

 

ですが、スリーパーシートではなく、エアコンの倒せるシートがほとんどでした。

夜に移動すると考えれば、VIPバス。

昼間移動なら列車もしくはタクシーがいいと思います。

 

僕がローカルバスを使って行った方法はこちらで解説します。

 

インドの物価情報

インドは物価が安いですが、どのくらい安いかは僕がインドを訪れた2017年の情報をこちらで記載しておきます。

旅の参考になるかと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました