【物価情報】2017年の最新のインドの物価を教えます

インドの物価情報

インドは世界第二位の人口をほこる国です。

イメージとしては、カレーやヨガ、ガンジス川などをイメージするかと思います。

そして僕がインドに訪れた時は、インドの物価はこんなにも安いのかと思いました。

ヨーロッパなどに比べてアジアの物価は安いですが、その中でも特に安いほうだと思いました。

スポンサーリンク

生活費

生活費の中では、宿泊費や移動費、食費などあります。

インドでは安く済ませようとすると本当に安くすることができます。

タイなどの東南アジア諸国でも宿泊費は、安くても一泊いくら程度とだいたいの値段がありますが、インドは安くしようとすれば本当に安くできます。

宿泊費について

宿泊費を節約しようとすれば、安宿に泊まればいいし、安宿に泊まるのも一泊500円以下でもいけます。

あまり、安宿に泊まりたくないというのでもある程度のホテルにも安く泊まることができます。

海外のホテルの予約についてはこちらで詳しく説明します。

食費について

食費を安くしようとすれば、現地の人たちが食べる食堂のようなレストランへ行けば、食費も安くすみます。

屋台で食べ物を買えば食費は更に安くなります。

お腹を膨らせるなら屋台で十分ですが、辛いものが多いです。

少しすればなれますが、ちょっと飽きてしまいます。

カレーが好きなら安くて旨い飯屋もたくさんあり、そしてチャイがおいしい。

慣れていないなら、ちょっとお腹を壊すのが怖いですが、是非ともトライしてほしいです。

僕はインドに約20日間いましたが、お腹は壊しませんでした。

実際の値段

下記の物は、僕がインドに訪れた時に買った物の実際の金額です。

もちろんお店によっても、商品によっても差があります。

インドに訪れる時の値段の参考にしてくれると嬉しいです。

※1ルピー≒1.75円で計算

商品価格

Himalayaシャンプー100ml 70ルピー(約125円)

Himalayaリンス100ml 70ルピー(約125円)

Himalaya リップ 30ルピー(約55円)

スクラブ 75ルピー(約135円)

酔い止め薬 56ルピ(約100円)

抗生物質(胃腸) 92ルピー(約160円)

ヘナ 20ルピー(約35円)

Tシャツ 150ルピー(約265円)

アリババパンツ 250ルピー(約440円)

マイクロUSBケーブル 30ルピー(約55円)

SIMカード(1GB) 599ルピー(約1050円)

インドの薬はすごく安かったです。薬を買った時の事はこちらに書いています。

食べ物

イチゴ250g 100ルピー(約175円)

水1L 20ルピー(約35円)

お菓子 15ルピー(約30円)

チャイ 10ルピー(約18円)

屋台の食べ物 20ルピー(約35円)

オレンジ2個 20ルピー(約35円)

バナナ一房 50ルピー(約90円)

コーラ500ml 40ルピー(約70円)

カレー 120ルピー(約210円)

フライドライス 100ルピー(約175円)

ピザ 200ルピー(約350円)

マックセット 200ルピー(約350円)

ピザハット(二人で)700ルピー(約1230円)

移動費

列車(スリーパー) 400-600ルピー(約700-1050円)

メトロ 20ルピー(約35円)

ローカルバス 30-160ルピー(約55ー280円)

長距離バス(ACスリーパー) 1000ルピー(約1750円)

オートリキシャ5キロ以内 100ルピー(約175円)

乗合バス 10-20ルピー(約18-35円)

観光費

ちょっとマイナーな観光地の入場料 200ルピー(約350円)

メジャーな観光地 500ルピー(約880円)

タージマハル入場料 1000ルピー(約1750円)

まとめ

インドの全体的に物価はとても安いです。

東南アジアの中では断トツに安いです。

滞在費もほとんどかかりません。

僕は約20日間で、使ったお金は5万円でした。

20日間の滞在費としてはかなり安いです。

安かった理由としては、ホテル代金は1人1泊1000円以内(二人でシェアしたので)だったこと。

そうなると二人で予算が2000円以内になりますので、そこそこの部屋に泊まることができます。

インドではドミトリーや安宿だとかなり値段は抑えれますが、その分汚いでので、そこは値段をかけました。

僕はアゴダ安宿を調べ、インド人以外の口コミでホテルを決めていました

たまにキレイなところで宿泊したいときはHotels.comを使って調べました。

こちらのほうが利用者が欧米人が多いので、クオリティが高い宿が多い気がします。

旅の終盤で現金を使い切りたいときはBooking.comで現地通貨の支払いを選択します。

インドでの移動手段は、メインは鉄道になります。鉄道はとても安く、庶民の足になっています。

インドへ行こうと考えている人へ

インドへ旅行行こうと考えている人へのアドバイスがあります。

それはインドは一筋縄ではいかないということ。

予想外の事が起きまくります。

それが旅の醍醐味ですが。僕がインドに行った時に感じだこと。

これは必要だと思った事などまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ハッキリ言って、騙されることもあるかと思います。

金額的にはたいしたことないですが、態度と騙されたという事実がイラっときます。

是非、事前準備をしっかりして楽しい旅にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存