【日帰り観光】1日でエローラ遺跡とアジャンタ遺跡をローカルバスで行く方法

スポンサーリンク

エローラ遺跡とアジャンタ遺跡を1日で回る

エローラ遺跡とアジャンタ遺跡はAurangabad(アーランガバードorオーランガバード)のバスターミナルからローカルバスで行くことができます。

2つの遺跡を1日で回るのは少々きついですが、不可能ではありません。

むしろ、この2つの遺跡は比較的近いので、1日で回ることも可能でした。

スポンサーリンク

ルートの確認

鉄道の駅から考えるとエローラ遺跡はアーランガバードから近いです。

アジャンタ遺跡はアーランガバードからもいけますが、Jalgaon(ジャルガオン)という鉄道の駅からも行くことができ、時間的にはこちらからのほうが近いです。

ジャルガオンはバラナシからの列車もあるので、

バラナシ→ジャルガオン→アーランガバード→ムンバイや逆ルートのムンバイ→アーランガバード→ジャルガオン→バラナシ

などのルートも可能です。

もちろん、アーランガバードから出発して、戻ってくるルートでもいいです。

ムンバイ→アーランガバード→遺跡観光→ジャルガオン→バラナシというルートで、僕は観光しました。

観光の注意点

観光の注意点ですが、エローラ遺跡もアジャンタ遺跡も定休日が存在します。

エローラ遺跡は火曜日アジャンタ遺跡は月曜日が定休日なので、1日で回ろうとすると水曜日〜日曜日の間にしなくてはなりません。

また、エローラ遺跡やアジャンタ遺跡をグーグルマップで調べるとエローラケイブス(Ellora Caves)アジャンタケイブス(Ajanta Caves)と調べるとすぐに出てきます。

アーランガバードのバスターミナル

Aurangabad Central Bus Station(アーランガバードセントラルバスステーション)というバスターミナルからエローラ行き・アジャンタ行きのバスが出ています。


アーランガバードの駅からはリキシャで15分くらいで、80ルピーもあれば行けます。

ここから2つの遺跡に行きますが、エローラから直接アジャンタへ行くバスは出ていないので、一度アーランガバードに戻ってくる必要があります。

エローラ遺跡は朝6時からやっているのと、アーランガバードから近いので、1日で回る事を考えれば、まずはエローラ遺跡から行くことをお勧めします。

ちなみに乗ったリキシャでは、エローラ遺跡まで片道450ルピーで行ってくれると言ってました。

確実に行きたい人はリキシャをチャーターするのもいいかもしれません。

ちなみにバスは頻繁にありました。

エローラ遺跡へ

まずはエローラ遺跡へ行きました。

僕はアーランガバードから遺跡を見て、ジャルガオンに行くので、バックパックを持っての移動です。

ここでバスを降ります。

帰りも同じところからの乗車です。

エローラまでのバス

朝7時45分にバスターミナルを出発。

エローラケイブスまで1人33ルピーだった。

到着は意外と早く50分程で到着。

エローラケイブスへ入場

そしてここまでは荷物を持っていたので、レストランで荷物を預かれないか聞いたら無理だった。

チケットカウンターで荷物を預かってくれるという情報があったので、試してみたが無理でした。

入場料は500ルピー。

荷物を持って観光かと思ったが、さすがにきついので、柵にロックをかけて放置した。

さすがにパクる人はいないと思ってたけど、ちょっと不安だったが、問題なかった。

エローラの見どころは16番です。

これ以外はほとんど同じに見えました。

エローラからアーランガバードへ

時刻は12時ちかくになって、エローラを出発しようとひた。

1日で2つの遺跡を見るなら、できればエローラは12時前に出ることをお勧めします。

僕はエローラでゆっくりしすぎたので、出発が昼過ぎになってしまったので、アジャンタ遺跡に最後の時間までいることになりました。

アーランガバード行きのバスはエローラ遺跡の入り口付近に止まる。

バスは道で手を上げてたら乗れるが、バスの運転手はシカトして入り口まで行きやがった。

さすがにバスは頻繁にあるが乗り遅れたら待つことになるので走った。

12時10分出発。

来た道を戻り、アーランガバードには13時に到着。

行きと同じ33ルピーだった。

アジャンタ遺跡へ

行きの出発地点である、アーランガバードのバスターミナルから、そのままアジャンタ行きのバスがあったので、13時に出発。

かなり、タイミングがよかった。

こちらは少し高くて121ルピー。

アジャンタはAjanta Caves T Pointというところで降りるのが1番いいが、荷物を持っての観光は疲れる。

宿を予約

1日でジャルガオンまで行こうとしたが、さすがに到着が遅くなるのと、荷物を持って観光はやめておこうという判断し、ファーダプアー(ファルダプアー)というところで宿を取った。

ここはアジャンタケイブスの入り口から2.3キロしか離れていなく、ホテルがある。

アーランガバードからからアジャンタケイブスまでは2時間35分かかり、ファルダプアーまでは2時間40分かかった。

ファルダプアーというところにはBooking.comやAgodaでは宿が少ししかないが、実際に行くとネットに載ってない宿もたくさんあった。

それからチェックインして、荷物を部屋に置いて15時50分には宿を出た。

そして17時30分にはアジャンタは閉まってしまうので、宿にリキシャはどこで乗れるかを聞いていたら、スタッフがアジャンタまで送ってくれた。

リキシャなら50ルピーが相場と教えてくれた。

アジャンタ遺跡へ到着

アジャンタケイブスには、入るのに1人10ルピーかかります。

それから、お土産などが売っているところを抜け、バスにて石窟群のほうまで行くことになります。


ここからバスに乗り、アジャンタケイブスまで行きます。

料金は一人16ルピーです。

バスに乗れたのは16時くらい。それから、15分くらいで入り口に到着。

ここで入場料の500ルピーを支払います。

アジャンタ石窟群は17時半で終わるため、最終まで見ていました。

帰りのバスは18時頃までありますので、石窟寺院が閉まるまでいても大丈夫です。

ちなみにバスの料金も片道16ルピーです。

帰り

これから帰りですが、アーランガバード行きのバスやジャルガオン行きのバスは、この時間でもまだまだありました。

僕は、ファルダプアーのホテルまで2キロほどありましたが、リキシャが1人20ルピーだったので、欧米人のおばちゃんとシェアしてファルダプアーのバス停まで乗りました。

ここからはホテルまで徒歩です。

バス通りはホテルの目の前だったので、夕食時にレストランでバス通りを見ていましたが、20時くらいでもバスは通っていました。

この時点では、かなり暗いためアジャンタケイブスを見終わった時点で、帰りのバスに乗ったほうが安心だと思います。

個人的にはエローラ遺跡よりもアジャンタ遺跡のほうがすごかったと思いました。

翌日はジャルガオンまで

バラナシに行く列車に乗るためジャルガオンへ向けて10時5分に出発。

バスは行ってしまった後だったのだが、10分もしないうちに来た。

バスはほぼ満席にちかく、運転席の隣のスペースに座った。

1人64ルピー。

ジャルガオンまでは、1時間15分に着いた。

ジャルガオンのバスターミナルからジャルガオンジャンクション駅まで約1キロだったが、歩くのも大変なので、40ルピーで駅まで。

無事にバラナシ行きの列車に乗ることができた。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存