【バングラデシュ】ダッカのシャージャラル国際空港でSimカードを買ってみた

バングラデシュの国際空港

バングラデシュの首都ダッカのシャージャラル国際空港でSimカードを買ってみました。

その時のことをレポートします。

 

スポンサーリンク

意外と近代的な空港

アジア最貧国の一つとされるバングラデシュですが、聞いていたのとイメージは全く違いました。

同じく最貧国と言われる、ラオスより街は発展していますし、ネパールの田舎っぽさもない。

インドのチェンナイよりも綺麗な空港でした。

 

空港にはATMも何台も設置されていますし、トイレも綺麗でした。

 

無料のバッテリーチャージャー。

それに両替所は何か所もあります。

 

そして、Simカードも売っていました。

 

Simカードを購入

僕が空港に到着したのは19時。

だが、どこのショップも閉まる気配はありませんでした。

むしろ積極的に、「マネーエクスチェンジ!!」と叫ばれましたが、既にATMでお金をおろしていたので、スルー。

 

 

Simカードを購入するところは、関税を過ぎたところに特設ブースが3つありました。

2017年現在では、バングラデシュは4G回線はありません。

 

 

全て、3G回線となります。

3社ありましたが、今回はダッカしか訪れない予定ですので、どの会社にしてもたいした違いはないと思い、空いているところで契約しました。

 

契約に必要な物

今回の契約に必要なものは下記の通りです。

  • パスポート
  • 証明写真
  • お金

以上の3点です。

 

まずはパスポートを見せ、書類に記入。

 

記入事項は、

  • 名前
  • 日本の住所
  • 父親の名前
  • 母親の名前
  • サイン

これだけです。

 

僕が契約したとこは、Grameenphoneという聞いたことのないような会社。

ですが、僕が契約した後は人が並んでいました。

 

SIMカードのプラン

シムカードのプランは一つしかなく、選ぶことはできませんでした。

2Gのデータ、50分の通話がついて、310タカ(約450円)。

 

かなり安いです。

もっと高いと思っていましたが、激安でした。

僕は3日しかダッカにいないので、SIMカードを買おうか迷ったのですが、値段を聞いて即買いでした。

 

 

買ってよかったと思った

シムカードを買ってよかったです。

まず、空港を出たらフェンスに人が張り付いていました。

 

ちょっと見にくいけど、フェンス越しには大量の人が・・・

 

ちょっとギョッとしたので、タクシーで宿まで行くことにしました。

僕は空港から約5キロの所に宿を取ったので、そこまでは600タカでしたが、場所がわかりずらいので、事前に教えてもらっていた番号に電話をして、場所を教えてもらいました。

 

それにグーグルマップでもポイントしていたので、シムカードがあれば、ナビもできます。

知らない土地でSIMカードがあれば、便利に行動ができます。

 

バングラデシュに入国するにはVISAが必要です。空港でアライバルビザが無料でとれます。これはその時の記事です。

【取得費用無料】バングラデシュのダッカの国際空港でアライバルビザを取得する
アライバルビザを取得する バングラデシュはアライバルビザが取得できます。 日本でビザ.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

10.バングラデシュ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました