【インド】タージマハルに行ってきたら、やっぱり凄かったと思った話

インドに行ったら、ほぼ100%の人が訪れるタージマハル。

行ったら本当にすごかったので、いろいろレビューしたいと思います。

 

タージマハルはお墓です

まず、ここにビックリします。僕はタージマハルと言われたら、この写真しか思い浮かばないくらいでしたが、実は王族のお墓なのです。

こんな巨大なお墓があるんですね。

 

しかも、お墓感が全くない。ここに来る人は外国人もインド人もみんな写真撮影してます。もちろん自撮りも含めて。ちょっと第一線を引いて見てみると異様な光景ですが、みんな写真を撮りたいくらい綺麗な場所なんです。

 

スポンサーリンク

タージマハルがあるのはアーグラ(アグラ)

タージマハルがあるのはAgra(アーグラ)という地区にあります。

タージマハルに行くには、ニューデリーからだと鉄道かバスになります。

遠いですが、日帰りできない距離ではありません。

 

ツアーでも間違いなく、こちらは入っているルートだと思います。

 

鉄道で行く場合は、アーグラ駅に荷物預かり所もあるので、活用するのもいいと思います。

【預かり所】アーグラ駅で余分な荷物を預ける
・・・続きを見る

 

アーグラ駅からタージマハルまでの行き方

アーグラ駅からタージマハルまでは歩けないことはないが、30分くらいかかると思ったほうが良いだろう。

歩きたくないなら、トゥクトゥクかリキシャを使おう。駅ではふっかけられるかもしれないが、それでも200ルピーくらいでいける。

 

ちなみに僕は、アーグラ駅からアーグラフォート(アーグラ城)を見学して、タージマハルに行ったのだが、アーグラ城までは徒歩、そこからタージマハル近くまでトゥクトゥクで50ルピーで行けた。

 

帰りはタージマハルから駅までは100ルピーでリキシャに乗った。

※リキシャはチャリに荷台が付いたようなもの。

 

 

スポンサーリンク

タージマハルに入場

タージマハルに入場する前に注意しておくことがある。

 

タージマハルでの禁止事項一覧。

 

これに加えて、入場時に大きなバックは持って入れないことだ。ツアーなどではバスに荷物を置いておけばいいが、個人旅行ではそうはいかない。

でも、安心して欲しい。タージマハルには荷物預かり所(LOCKER ROOM)がある。

チケットカウンターから少し離れたところに預かり所はある。

 

ここで荷物を預けることができる。

荷物は1つにつき20ルピーで預けることができる。

 

荷物を預けてから、入場券を買おう。

入場券は1000ルピー(約1,700円)。値上がりしてこの値段。

一瞬入るのを躊躇う値段設定です。

 

ここまで来たんだから、とりあえず入りましょう。

入場券にはお水と靴カバーが無料で付いています。そして、ツアーの人以外はガイドを雇いませんかと高確率で言われます。

ガイド料金は、外国人975ルピー。インド人675ルピーと言われます。

歴史に興味あるのなら雇ってもいいと思います。

 

正規のガイドはプラカードをぶら下げています。

※ちなみにここの入場券でアーグラ城の50ルピーの割引があるらしいです。怪しい係員の人に言われました。僕は既にアーグラ城に入っていたので、確認できず。

 

チケットを購入したら、入場です。

インド人がいっぱいです。

入るには手荷物検査とボディチェックが入るので、チェックを受けるためのレーンに並びましょう。

 

 

ちなみにインド人は長蛇の列をなしていますが、外国人はその列に並ぶ必要はないので、外国人列に並んでください。

ちなみに女性と男性でレーンは違いますので、ご注意を。

 

外国人レーンと女性レーンはスカスカ。インド人男性レーンだけ激込み。

最終的に外国人男性の列はインド人と合流しますので、そこからは力業で入ってください。

 

入場後

入場後も混んでいますが、それほどではありません。

普通の観光地レベルです。

 

入場後に広場があり、そこのゲートを超えるとタージマハルが見えます。

素人にも被写体がいいとこれほど綺麗に写真が撮れます。

みんな自撮りばっかしてます。

 

タージマハルは中に入れますので、どんどん近くまで行っちゃいましょう。

近くにくると巨大さがわかりますね。

 

白色で統一されていて、綺麗です。

この中に入れますが、写真撮影禁止です。

 

一応、お墓なので棺もあります。

インドの人はほとんどの人が写真禁止されているにも関わらず、写真撮影していましたが、あれはどうかと思います。

 

マナーある見学をしましょう。

 

少し離れた場所からも撮れます。

 

注意事項

特に注意と言うことでもないですが、タージマハルにはトイレが一つしかなかったです。

※僕が発見していなかっただけかもしれませんが。

 

トイレの位置はタージマハルを背にして左奥にあります。

タージマハルを最初に見えたゲートの右側です。

 

インド人はお金を払う必要があるトイレですが、外国人は無料で使えます。

※1,000ルピーも払っていますしね。

 

お金を請求されることもあるかもしれませんが、無料なので請求されても無視しましょう。

確か【Foreigner Free】と書いてあるはずです。

 

それでは楽しい旅を。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました