【サンセット】バガンで夕陽が綺麗に見える2つのポイント

バガンでのサンセット

バガンは開けている土地なのと平地なので、サンセットはどこでも綺麗に見ることができます。

何が違うかというと遺跡に登れるか登れないかの違いです。もちろん遺跡に上った方が綺麗に見ることができます。上から見ると遺跡と夕陽のコラボレーションがとても綺麗で何とも言えない気持ちになります。

夕陽の時刻は現地で確認したほうがいいです。1月では18時くらいがサンセットの時刻でした。

 

スポンサーリンク

お勧めできるサンセットポイント

遺跡に登ることができ、アクセスもいいところが良いサンセットポイントです。夕陽が沈んだ後も少しの間は明るいですが、暗くなると運転(e-bike)も怖くなるので、道路に近いところがいいと思います。

そんな条件を満たすのが、2つあります。

 

Shesandaw Pagoda

ここはサンセットパゴダとしても有名です。この時はサンセットまで1時間以上前でしたが、既に人が待機しているのがわかります。道も土ですが車が入ってこれるくらいなので、タクシーや観光バスがわんさかきます。

有名すぎるので、近くに売店もあるので飲み物なんかも買えます。欠点としては有名すぎていい場所を取るのには早くいかないといけないことです。

 

僕は1時間前に着いてスタンバイしてましたが、上から2段目でした。1番上の段はすべて埋まってました。そして、サンセットが見えるところ=遮蔽物がないところなので、1時間は日向にいることになりました。

サンセットまで時間があるので暑いが、我慢できないほどではない。そして夕日のときにはツアーバスなどわんさか来た。でも、有名なところだけあって結構綺麗な夕日だった。

 

これがこのパゴダから撮った夕陽です。遺跡とのコラボレーションが素敵でした。

 

気になる場所はこちらです。

 

Bulethi

もう一つのお勧めスポットがこちらです。先ほど紹介したShesandaw Pagodaよりも小さいのですが、あんまり有名でないため人がほとんどいません。

穴場スポットです。そして、夕陽が綺麗に見える条件としては、高いところと太陽の方向に遺跡があることなので、この両方を満たしています。

 

夕陽と一緒に遺跡が映っている写真が撮ることができます。この映っている遺跡は立ち入り禁止ですが、人が登っていました。これは良くないと思います。僕は1個目のポイントも好きですが、こちらのほうがゆっくりと夕陽を見ることができました。

遺跡の場所はこちらです。

ニャウンウーから近いので、ニャウンウー地区に泊まっていたら、帰るのも行くのもアクセスしやすいのもポイントです。
 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

06.ミャンマー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました