物価が高いと言われるドバイへ行ったので実際の物価を調べてみた

意外と高くないドバイの物価

ドバイの物価は高いように思えますが、意外と高くないんです。

確かに高いものは高いですが、思っていた以上には高くない。例えば高いのは住居とレストランは高いです。しかし、スーパーとかで買い物をすればそれほど高くないんです。

 

スポンサーリンク

交通手段と料金

例えば移動手段であるメトロやバスは空港から中心地までは300円以内でいけますし、メトロで隣の駅なら100円を切ります。

飲み物のミネラルウォーターはスーパーだと500ミリ30円くらいで買えますし、コーラも60円くらい。マックやフライドチキンなら500~800円前後でセットが買えます。

 

スポンサーリンク

レストランは実際かなり高い

レストランはかなり高いです。これは外国人外国人労働者価格なので、かなり高いです。

カフェとかもドバイモールのは一杯1300円もするとこもあり、ロケーションによって様々だと思います。

日本からバカンスに来るなら、あまり高級なところに行かなければちょっと高いかなと思うくらいです。あと高いものはインポート物です。日本でもヨーロッパ産のチーズやビールが高いようにドバイでも輸入品は高いです。

 

スポンサーリンク

5日間くらいの短期滞在ならあまり気にしなくても良い。

僕はバックパッカースタイルでドバイに来ました。

ホテルはドミトリーで約1000円。

食べ物はスーパーで購入して、たまにレストランというスタイルでした。お金は観光費にそれほどお金をかけなかったので、というか無料で楽しめるものが多い。無料の噴水ショーはあるし、美ら海水族館よりも大きな水槽も無料で楽しめる。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

15.アラブ首長国連邦
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました