【予想外に普通!?】悪名高いライアンエアーに乗ったので、詳しくレビューします

ライアンエアーを初めて使ってみたのでレビューしたいと思います。

僕は特にオプションをつけなかったので、最低限のサービスでした。

 

悪名高いライアンエアー

何かと罰金(ペナルティ)があり、対応が鬼畜だと話題のライアンエアーですが、僕が使ってみた感想は至って普通でした。

 

スポンサーリンク

準備編

予約が完了したら、搭乗までに準備することは以下の事です。

  • オンラインチェック(4日前から)
  • ボーディングパス(チケット)の印刷
  • 荷物をサイズ以内に抑える(大きな荷物(55cm×40cm×20cm)1つとハンドバッグ(35cm×20cm×20cm)は無料)

 

スポンサーリンク

搭乗まで

  • ビザチェックの確認(チェコのプラハではシェンゲン内なら不要と言われた)
  • 荷物検査を受ける
  • ゲートが空いたら乗り込む(ボーディングブパスとパスポートをみせる)
  • ゲートでは荷物チェックなど何もなかった。

悪名高いライアンエアーですが、全く普通に乗る事ができました。

 

むしろ、ビザチェックが不要と言われた事には驚きました。

 

ですが、ライアンエアーの公式サイトには非EUの人はビザチェックをすると書いてあるので、毎回ビザチェックはした方が良いらしいです。

 

荷物でとめられてる人はいませんでした。

明らかにリュックサックを2個持ち込んでいる人やサイズオーバーの人もいましたが、特にお咎めなしでした。

 

僕はリュックとハンドバッグのスタイルで大きさ等はしっかり守ってました。

しっかりと公式ホームページに書いてあることを守れば全く怖くない航空会社です。

 

スポンサーリンク

飛行機では

他のLCCと同じで特に威圧的であるとかそういうのはなく、普通でした。

しっかりとルールを守っていれば、安く乗れる飛行機ですので安く旅行したい人にはお勧めです。

 

チェコのプラハからライアンエアを使ったのですが、ビザチェックがいりませんでした。

その時のことを書いておきます。

→ビザチェック不要!?ライアンエアーについて

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

LCC情報海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました