ライアンエアーでビザチェック不要!?チェコで戸惑ったので調べてみた

ライアンエアーではビザチェックが必須と言われています。

実際にライアンエアのホームページにもビザチェックは必要と書かれています。

 

しかし、チェコのプラハ空港でビザチェックを受けにカウンターへ行ったところ、ビザチェックはシェンゲン内だから不要と言われました。

 

シェンゲン内はビザチェック不要なのか!?

この時カウンターのスタッフが言ってたのは、「シェンゲン内だから国際線でもビザチェックは不要です。」と言ってました。

 

今までの人のブログを読むとシェンゲン内の国際線のフライトではビザチェックは必ず行ってください!と書かれてました。

他の人のブログなどを見ても、ビザチェックがいらなかった唯一のパターンは国内線移動だけでした。

 

スポンサーリンク

ライアンエアーを利用している友人に確認

友人でライアンエアーを良く利用している人がいるので聞いてみました。

そしたら、このような答えが返ってきました。

 

ビザチェックには必ず行ってる。

でも、日本人だからビザチェックはいらないっていう職員もいる。

カウンターに行ってもスタンプを押される時もあるし、ペンでチェックされる時もある。僕のようにシェンゲン内だからチェックも何もされず、チケットを返される場合もある。

これは完全に空港によって違う。とりあえず、カウンターには毎回行くべし!」

 

スポンサーリンク

まとめ

ビザチェックのためにカウンターにはとりあえず行くこと。

シェンゲン内だから何もチェックされないこともある。

空港によって対応が違うので注意。

 

この後に自分も実際にライアンエアを何回か使いました。

そうすると印刷したボーディングパスを見るとビザチェックの有無が確認できることがわかりました。

 

次回の記事で詳しく説明します。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

LCC情報得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました