バリ島までの安い航空券の見つけ方

スポンサーリンク

一年中リゾート地のバリ島

バリ島と言ったらリゾートとして有名です。最近ではエアアジアも日本からの路線に参入してきましたので、ツアーで行くより、安く行く事ができるようになりました。

 

スポンサーリンク

ツアーの日程と料金

ツアーは確かに安いですが、自分で全て手配する事ができれば更に安く行けます。ツアーでは3泊4日で49800〜69800円くらいがいいとこなんじゃないでしょうか?しかし、これは夜発、朝帰りで実質遊べるのは丸々2日ということが多いと思います。これがツアーで39800円なら安いので、それならツアーを選んたほうがいいと思います。

 

スポンサーリンク

自分で手配すると

僕なら、まず飛行機代金を抑えることを考えます。

プロモーションを利用すると日本からバリ島までは片道1万5000円で行く事ができるので、往復だと3万円。宿も高級なホテルではなく、最低限の宿泊施設があればいいと考えれば1泊2000円で泊まれます。

同じ3泊4日であれば3万6000円で行く事ができます。これに空港から宿までのタクシー代金が入ればざっと3万9000円です。これは1人代金なので、友人や恋人、家族とシェアすれば更に安くなります。

 

日本ではホテル代金は1人ずつかかるのが常識ですが、海外では一部屋にかかるので、もし二人での旅行だと航空券3万×2人、宿代2000円(一部屋)×3泊、タクシー代金空港から宿まで往復3000円とすると、合計6万9000円になります。

ツアーだと1番安くても39800円になるので、1万円以上節約できることになります。ツアー代金が49800円なら二人で3万円の節約ができます。

 

スポンサーリンク

どうやって安い航空券を見つけるのか?

航空券の見つけ方は、スカイスキャナーというサイトを見ます。これでどのような路線があるのかわかると思います。関東圏内なら、羽田発なのか成田発なのか、フライトの時間は何時なのか?スカイスキャナーは検索サイトなので、実際の予約は航空会社のホームページで行います。

ここで、自分の予算にあっているなら、予約してしまいましょう。ホテルはどうしようと考えるかもしれませんが、ホテルは後からなんとでもなるので、まずは飛行機の予約を優先させましょう。

 

出発予定まで6ヶ月〜3ヶ月あるなら、プロモーションを待つのもアリ!

いわゆるLCCは頻繁にプロモーションというセールを行っています。プロモーションセールでは通常より安い値段でチケットを予約することができます。

これなら先程の値段より更に安くフライトを予約することができます。スカイスキャナーで路線があることを確認した上で、その航空会社のフェイスブックやツイッター、メールマガジンをフォローすればプロモーションセールの情報が入ってきます。

これで予約できれば格安にバリ島へ行く事ができます。

 

注意事項

格安に予約をする上で重要なのが預け荷物の有無です。

預け荷物は1個預けると片道3000円程します。JALやANAのような大きな会社では預け荷物に料金はかかりませんが、エアアジアやピーチ、バニラ、ジェットスターなどは預け荷物に対しても料金を取ります。

これは削減することができます。

例えばエアアジアでは機内に荷物を7キロまで持ち込む事が可能です。荷物のサイズなど詳しくは公式ホームページを確認してください。また、液体は100ミリ以下なら預け荷物にしなくても大丈夫です。これを守ればかなり安くなります。

また、2人以上の旅行であれば、1人1個のスーツケースではなく、二人で1個にすれば預け荷物代金は一つで良くなります。また、預け荷物は当日にカウンターで申請すると非常に高いので、事前にネットで申請すると安く抑えることができます。

以上の事を守ると1人だいたい往復3万円でバリ島へ行く事ができます。

 

スポンサーリンク

バリ島のホテルの予約

バリ島には高級ホテルから格安のホテルまで様々なホテルがあります。格安のホテルでも2000円以下でホットシャワー、エアコン、Wi-Fi、プール付きなんてのもあります。

ここで気をつけて欲しいのが、日本の感覚は通用しないということです。

バリ島は年中温暖な気候のため、シャワーが水しかでないというところもごく稀に存在します。僕がお勧めするのはアゴダというホテル予約サイトです。このサイトはホテルの所在地、設備、口コミ、値段の全てが確認できるので、かなり有用です。

 

アゴダの使い方

まずは日程とエリアを決めます。これで検索にかけてみます。まずはアゴダのおすすめ順になっているので、検索条件を決めます。値段を予算内に設定します。

僕がお勧めする設定は評価を7.5以上に設定することです。これをすることで明らかに変な宿は除外されます。僕はある程度、安ければいいので評価が6.5以上であれば値段を重視してしまいますが、7.5以上であればある程度信用できます。

また、評価が高くても口コミ件数が一桁なのは少し不安なので最低二桁、できれは口コミ件数が25件以上のを選んでます。これである程度絞られると思います。ここで重視するのが部屋でWi-Fiが通じるのかどうかです。

やはり部屋でゴロゴロしてるときにLINEやフェイスブック、インスタグラムはやりたいので、部屋でWi-Fiが通じるのも大きなポイントになります。

 

また、安いホテルではたまに共有バスルームというのがあるのですが、そこもしっかりチェックしてみてください。

海外ではバジェットルームというのが、部屋にシャワールームがついている部屋になります。また、海外の安いホテルではシャワールームとトイレが同じという、いわゆるユニットバス的なのがほとんどなので、これはどうしようもありません。

そして、あとは口コミのチェックです。日本人の人もアゴダを、利用している人が多いので日本人の利用客口コミは同じ感覚の持ち主なので、個人的には信用度が高いです。どうしても外国人の口コミは少し感覚が違うのでそれを信用して泊まると、あれ?っと思うことがあります。これでホテルの予約も大丈夫です。