プレーケストーレンへオスロから安く行く方法

北欧は物価が高い

北欧は驚くほど物価が高いです。節約してでもプレースケートへ行きたかったので、その方法を調べました。

 

スポンサーリンク

移動費を節約

まずはオスロからスタバンゲルまでの移動です。日本で予約すると片道120€程で予約できますが、ノルウェー鉄道の予約を自分ですると5000円で予約することができました。

僕が予約したのは利用日の29日前です。少し早めの予約です。予約は難しいものではなかったですが、日本語に変換するとおかしな事になったので、英語のページで予約するのをお勧めします。

 

スポンサーリンク

宿泊費の節約

移動は夜行列車を使うことで宿泊費を節約しました。また、ノルウェーは宿泊費が高いです。ドミトリーでも1人3500円くらいするので、Airbnbを利用しました。スタバンゲルで僕が予約したのは二人で2500円と破格の価格でした。

これはタイミングが良かったんだとおもいます。ホストを見るとちょうど予約した月からAirbnbを始めていて、評価も何もない状態だったので、プロモーション価格だったのだと思います。booking.com等では高いときはAirbnbでも見てみましょう。

 

スポンサーリンク

航空券の節約

僕は先入観で飛行機はオスロからしか次の所に行けないと思っていましたが、ヨーロッパを周遊するならスタバンゲルの空港を使ってもいいと思います。

ルートは少ないですが、ロンドンやオスロ、スウェーデン、ポーランドへのフライトもありました。

当初はスタバンゲルからオスロへ戻って飛行機と考えてましたが、スタバンゲルからオスロ、オスロから空港までの交通費だけで、6000〜7000円かかるので、それならスタバンゲルからフライトをとった方が時間的にもコスト的にも良いと判断しました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

44.ノルウェー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました