リガから十字架の丘の最寄りの街のシャウレイまでバスで行く方法

ラトビアのリガからリトアニアのシャウレイまでの行き方

リガからシャウレイまでの行ったときの記録です。

リトアニアのシャウレイという街はほとんど見どころがないですが、シャウレイの街の郊外にある十字架の丘という場所は必見です。

 

この十字架の丘にリガから行くにはシャウレイの街に行ってから行くのが一般的です。

そのためまずはシャウレイに行きました。

 

スポンサーリンク

チケットを予約

リガからシャウレイまでのチケットの予約はリガのバスターミナルで行いました。

予約はOlimpという会社で行いました。

こちらのブースで予約しました。

 

 

バスターミナル


バスターミナルには国内線のチケット売り場と国際線のチケット売り場は別です。

国内線はバスターミナルに入ってすぐのカウンターですが、国際線は個別のブースになっています。

 

バス会社はEcoline、Lux Express、Olimpの3社がありました。

聞いてみたところ、ラックスエクスプレスはシャウレイ行きはないと言ってました。

 

エコラインズはあるが本数が少ないので、希望する時間帯はありませんでした。

エコラインズは昼過ぎの時間にありましたが、僕はリガからシャウレイに行って、その日のうちにビルニュスに移動したかったので、朝の時間帯に出発するオリンプというバス会社を選びました。

オリンプのバスは2〜3時間に1本ありました。

 

チケットの値段

1人片道12€でした。

これが安いかどうかわかりませんが、目安にしてください。

 

バスのクオリティ

オリンプで予約したバスの名前は01ego transportasでした。

バスにはWi-Fiも電源も飲み物も付いていません。

 

できればエコラインが良かったですが、午前の時間が無かったので、オリンプで予約です。

 

スポンサーリンク

実際の移動

前日にチケットを購入したので、当日は出発の15分前に乗り場に来て欲しいと言っていました。

 

9時出発ですが、8時40分には到着。

バスターミナルには電光掲示板があり、どこの出発ゲートかは出てくるので、そのゲートに行けばいいだけ。

 

ちなみに、シャウレイは終点ではないので電光掲示板にはシャウレイ行きとは書いてありません。

Riga-sauli-Klaipeda lidz sauli

と記載されたバスでした。

 

荷物料金

荷物の預け料金はかかりません。

チケット代金のみの支払いでした。

 

出発

ほぼ時間通りにバスは出発。

リガの空港経由でシャウレイまでです。

 

国境越え

シェンゲンなので、国境越えは特に何もありませんでした。

 

到着

シャウレイのバスターミナルには出発後2時間半で到着しました。

 

バスターミナル

バスターミナルにはフリーWi-Fiはありませんでした。トイレは有料でした。

荷物預かり所はありました。

僕は大きな荷物はこちらで預けました。

料金は詳しく覚えていないですが、2ユーロしなかったはずです。

 

バスターミナルは小さすぎず、大きすぎないので迷うことはありません。

 

バスターミナルにショッピングセンターがついており、スーパーもあったので、食材も購入できます。

このバスターミナルからビルニュス、十字架の丘までのバスもあるので、かなりアクセスはよいです。

 

次回はシャウレイから十字架の丘までの行き方です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

41.ラトビア42.リトアニア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました