パリ市内からRERを使ってシャルル・ド・ゴール空港まで行く方法

シャルル・ド・ゴール空港

パリで1番メジャーなシャルル・ド・ゴール空港ですが、タクシーやバスで行くこともできますが、電車で行くことも可能です。

 

スポンサーリンク

シャルル・ド・ゴール空港への行き方

タクシーは50€、シャトルバスは10€からありますが、シャトルバス乗り場まではメトロなどを使って、自力で行く必要があります。

 

それならRERも同じことです。RERは何かと言うと、要は電車です。今回はRERを使ってシャルル・ド・ゴール空港まで行く方法です。

 

RERのメリット

RERを使ってシャルル・ド・ゴール空港へ行くには、パリ北駅(Gare du Nord)へ行きます。値段は10.3€です。この値段はメトロを含む値段です。

 

シャトルバスでは10€+シャトルバスの乗り場までのチケットが必要になります。

シャトルバスの所要時間は45分から1時間かかります。その点RERは乗ってしまえば30分で到着します。メトロとの接続もいいので、パリ市内ならメトロを含めてもだいたい1時間で空港まで行けてしまいます。

 

メリットとしては、シャトルバスよりも安い。シャトルバスよりも早い。しかも本数は10分に1本ほどあります。

 

RERのデメリット

荷物を自分で運ぶ必要がある。乗換など自分で調べる必要がある。空港のターミナルで駅が違うので注意する。

 

日本で電車で行くようなものですが、初めての土地でフランス語と英語なので多少わかりにくい。

気にしてれば大丈夫です。

 

チケットの買い方

チケットは各メトロ駅から購入できる。券売機でエアポート行きを選びます。空港がオイリー空港、シャルル・ド・ゴール空港があるのでシャルル・ド・ゴール空港を選択する。お金はクレジットカードで支払う。

この10.3€はメトロとRER 含めた値段です。

 

スポンサーリンク

メトロに乗ってからRERに乗換える

メトロは空港へ行く以外にも使っていると思います。

しかしRERは使ってない人もいるかと思います。メトロに乗り降りるときは改札を通りませんがRERへ乗換がある場合は、日本の乗換と同じように改札を通ります。

 

メトロとRERの乗換駅には専用の乗換用改札があります。

 

RERに乗る

RERは簡単です。

電光掲示板があるのでシャルル・ド・ゴール空港行きに乗りましょう。

 

ホームにも電光掲示板があるので間違うことはないと思います。Gare du Nord駅ではRERのB線(ブルーライン)です。

同じB線ですが、シャルル・ド・ゴール空港の途中まで一緒で行先が違う線もあるので、行先だけは気をつけましょう。

 

空港に到着

空港へはGare du Nord駅から約30分です。

ターミナル1.3が手前でターミナル2は奥です。僕が乗った時はターミナル2行きの電車だったのですが、ターミナル1.3駅で乗換える必要がありました。

 

フランス語で説明があったっぽいですが、わかりませんでした。ほとんどの人が下車したので周りの人に聞いたら乗換える必要がありました。

もし、不自然に感じたら一度、電車を降りて電光掲示板を確認してみるのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

意外と簡単に行くことができました。

時間もメトロを含めても1時間程で到着しました。RER の乗り換えも簡単でした。唯一危なかったのはターミナル1.3駅の乗換でした。それも気をつければ大丈夫だと思います。

 

RERで行くのが安いですが、更に安く空港へ行く方法もあります。それは市バスを使って行く方法です。

関連記事

パリを観光するなら、アクセス便利なホテルに泊まるべき!アクセス抜群のホテル
僕はパリに数回訪れていますが、その時に思うのがアクセスが良いホテルに泊まると観光するのが大変.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

48.フランス
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました