【ミュンヘン】バイエルンチケットを使いノイシュバンシュタイン城まで行く方法

バイエルンチケットとは

バイエルンチケットとはバイエルン地方の乗り放題のチケットです。ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城まで行くには、このチケットを使えば最安値で9.8€で行くことができます。

通常のバイエルンチケットでも往復26€で行けます。

【ドイツ・ミュンヘン】バイエルンチケットの購入方法とその有効範囲
ノイシュバンシュタイン城に安く行きたい シンデレラ城のモデルとなったノイシュバンシュタイン城に行きたいと思い、どう

※2019年では最安値で往復10.6ユーロです。

 

スポンサーリンク

ノイシュバンシュタイン城の場所

ノイシュバンシュタイン城はミュンヘンから電車で2時間のフッセンという街からバスで行くことになります。

行き方

  • 列車 ミュンヘン→フュッセン(2時間)
  • バス フュッセン→ホーエンシュ ヴァンガウ(10分)
  • バスor徒歩 ホーエンシュ ヴァンガウ→マリエン橋(10分)から徒歩で10分or徒歩(40分)で城まで

 

スポンサーリンク

実際の移動記録

実際にノイシュバンシュタイン城までバイエルンチケットを使って行った時の記録です。

 

まずは時刻の検索

調べたところバイエルンチケットを利用して日帰りできる列車は以下になります。

 

ミュンヘン発ーフュッセン着

  • 9:52-11:55
  • 11:52-13:58

 

フュッセン発ーミュンヘン着

  • 16:06-18:05
  • 18:06-20:05

 

ノイシュバンシュタイン城の内部に入るなら、ツアーに加入しなければなりません。予約していれば別ですが、当日に現地でツアーに入ろうとすると待たされる可能性があります。

そうすると11:52にミュンヘン発の列車では帰りが不安になります。

 

そのためお勧めなのは9:52発の列車です。

この列車なら現地でゆっくりできますし、ツアーが遅い時間になっても大丈夫です。他の人も同じ事を考えているので列車は混みますが。。。

 

時刻も決まったことなので、次はバイエルンチケットを購入します。

時刻はこちらのサイトを使って調べました。

 

バイエルンチケットを購入

バイエルンチケットは券売機で購入できます。券売機は日本語対応です。

チケットの購入については、こちらの記事を参照してください。

【ドイツ・ミュンヘン】バイエルンチケットの購入方法とその有効範囲
ノイシュバンシュタイン城に安く行きたい シンデレラ城のモデルとなったノイシュバンシュタイン城に行きたいと思い、どう

 

列車に乗るため、ミュンヘン中央駅へ

ミュンヘン中央駅発の列車は9:52発です。

9:30には駅に着きましたが、この時には既に列車はホームにありました。電光掲示板で何番線にあるか書いてあったので、すぐにわかりました。

 

ちなみにミュンヘン出発時には9割くらいは人が乗っていました。

席は完全自由席です。僕が利用したのは夏のピーク時だったので、ピークシーズンに行く人は10分前には席を取っておいたほうが良さそうです。

 

列車は定刻通りに出発

列車は始発のため、遅れる事なく出発しました。乗り遅れないようにしましょう。

 

バイエルンチケットの確認

列車に乗っているとスタッフが来て、チケットの確認を行います。バイエルンチケットを見せて日付のスタンプが押されました。

 

フュッセンに到着

若干遅れて、フュッセンに到着しました。

フュッセン駅からバスに乗って城まで行くのですが、どうやってバスを見つけるかと思ってましたが、駅から出ると大量のバスがありました。

78番の赤いバスでした。

 

行き先はホーエンシュ ヴァンガウ(HOHENSCHWANGAU Castles)と書いてあったのですぐにわかります。

ちなみにこのバスですが、バイエルンチケットが使えます

 

ホーエンシュ ヴァンガウ城はノイシュバンシュタイン城と近いので間違いではありません。

バスはすぐに出発するので早めに乗り込みましょう。

 

フュッセンで買い物する暇もないので、もし昼ごはんがまだなら、バスの終点のホーエンシュヴァンガウで食べるかミュンヘンで買い込んで来たほうが良さそうです。

 

ホーエンシュヴァンガウに到着したらすぐにチケットセンターへ

こちらに到着したら、すぐにチケットセンターに向かったほうが良い。

夏のピークシーズンでは着いて予約したとしても17時の予約になってしまう。僕は8月10日にここに来たが、日帰りでは間に合わない時間帯だった。

 

もし、夏に来るならばインターネット予約をしてから来るのをお勧めします。城には入らないが、周りをみたいという人はマリエン橋へ向かった方が良い。

 

シャトルバスか徒歩か

ノイシュバンシュタイン城へは徒歩で40分かけて登るかバスで10分で行く事になります。もちろん徒歩は無料です。

バスは上り1.8€、下りは1€です。往復だと2.6€になります。

 

バスはチケットセンターの更に奥に乗り場があります。

そして、シャトルバスはバス乗り場からマリエン橋まで行き来しています。帰りも降りた場所から麓まで行きます。

徒歩だと行きは40分かかりますが、帰りは25分で下れるそうです。

僕が来たときはは雨が降っていたので迷わずバスにしました。ちなみにこのマリエン橋近くから城までは徒歩で10分程で到着します。

ちなみにバスはめちゃくちゃ混みますが、混んでいてもバス2本くらい待てば乗れます。

 

ノイシュバンシュタイン城をみたらホーエンシュバンガウ城も

ホーエンシュバンガウ城も見れますが、シャトルバスの乗り場から城を見ることもできます。むしろノイシュバンシュタイン城からだとホーエンシュバンガウ城を見下ろすことができます。

せっかく来たのなら見てもいいと思います。

 

補足

この日は14:30の時点で全てのチケットが売り切れていました。

 

満足したらミュンヘンへ

ミュンヘンへは来た道を戻りましょう。まずはフュッセンへバスで戻りますが、帰りのバスはインフォメーションセンターの目の前から出ています。

所要時間は10分から15分です。

 

僕はミュンヘンへの列車は16:05発のに乗ろうとしましたが、16時までは電車が来ませんでした。あまり早く駅に着いてもすることがありませんでした。

駅から徒歩5分くらいのところにスーパーがあったので、電車の中で食べる物を買いました。

 

帰りの電車は行きよりも空いていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

バイエルンチケットはかなりお得。

シャトルバスを使わなければ、移動費はバイエルンチケットのみ。

 

行きの列車は混む。

夏のシーズンでは城の中に入るのならネット予約必須。

フュッセンに着いてから、城の外観を見て、ゆっくり帰るのだけでだいたい3時間くらいかかります。城の内部を見ると4時間くらいみておいた方が良いかと思います。

あまり急ぎ過ぎてもせっかくの観光が時間に追われてしまうので、時間に余裕を持って観光しましょう。

 

バイエルンチケットについての詳しい説明はこちらです。

【ドイツ・ミュンヘン】バイエルンチケットの購入方法とその有効範囲
ノイシュバンシュタイン城に安く行きたい シンデレラ城のモデルとなったノイシュバンシュタイン城に行きたいと思い、どう

 

ノイシュバンシュタイン城近くのお勧めホテル

ゆったりノイシュバンシュタイン城を見たいなら城の近くに一泊するのも良いでしょう。

ヴィラ ルートヴィヒ スイート ホテルという2012年にオープンしたホテルがあります。めちゃくちゃキレイなホテルです。城には徒歩圏内で、部屋からもお城が見えるホテルになります。一泊するときは是非どうぞ!!

★★★★ Villa Ludwig Suite Hotel / Chalet, ホーエンシュヴァンガウ, ドイツ
ノイシュヴァンシュタイン城の麓にある4つ星のホテルで、フュッセンからわずか3kmです。小さなスパエリア(フィンランド式サウナ、ウォーターラウンジャー、城の景色を望むサンラウンジャー付)は貸切予約が可能です。...

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

19.ドイツ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました