【EMS】スペインから日本へ荷物を郵送した時の料金の調べ方

スペインから日本へ荷物を郵送

旅行中にお土産をたくさんかったので、日本へ荷物を郵送したいと思います。スペインから日本へ郵送しましたが、思ったより安くて早かったので、利用してよかったと思います。

 

スポンサーリンク

料金を調べる

日本で言う郵便局はスペインではCorreos(コレオス)と言う所です。グーグルマップで【Post Office】もしくは【Correos】と検索すればでてきます。

 

特に海外では営業時間が日本とは違うので、しっかりと調べてから行きましょう。料金については、こちらのホームページで大体の料金を調べることができます。

こちらが料金を調べるページになります。

僕は日本へ荷物7.775キロ(約8キロ)を郵送して、エコノミー便で66ユーロでした。そのうちダンボール料金が3ユーロでした。

 

だいたいの料金の調べ方

先ほどのページからだいたいの料金を調べることができます。

Home>Other services>Tools and applications>Price calculator

このPrice calculatorで料金を調べます。

条件:重さは8キロで大きさは50×50×50cm

次に送付方法を選びます。

Select Productというところですね。

  • Paq Standard Internacional・・・普通の国際便
  • Paquete Internacional Economico・・・SAL便(安い)

多分このような区分けになっています。だいたいの料金を調べるので、どちらかを選択しましょう。

その次に重さ(グラム)と大きさ(縦・横・高さcm)を入力しましょう。

次にどこから送るのか?どこへ送るのか?を入力します。

スペイン本土ならPENINSULA Y BALEARES

日本へならJAPONと入力します。これで料金がでてきます。

ちなみに普通の国際便(Paq Standard Internacional)だと約242ユーロかかります。高いですね。

これをPaquete Internacional Economicoにすると、

約半額の131ユーロになりました。これでだいたいの料金を調べることができます。

船便のほうが安い!?

僕は船便が1番安いと聞いてましたが、船便で送ってくれと言いましたが、無いと言われたので、1番安いのをお願いしたらこの値段でした。

一応、飛行機で送ってくれるみたいです。たぶん日本で言うSAL便みたいな感じだと思います。

SAL便とは飛行機に空きがあれば載せてくれる郵送方法で、安い割に早く到着する郵送方法です。SAL便はスペインでは通じなかったですが。

 

スポンサーリンク

スペインから送る時の注意点

僕はバレンシアから郵送しましたが、英語が話せない職員だったので、全てスペイン語の対応です。もちろん僕はスペイン語はまったくわからないので、わからない時は聞きまくったほうがいいです。

何とか通じます。

郵送では住所と名前くらいしか必要ありませんが、最近ではメールアドレスや電話番号も記入する必要があります。また、何かあったときにスペインに送り返される住所も記載しないといけません。

戻ってくる事はないと思いますが、一応ホテルの住所などを書いておきました

 

発送が完了

住所の確認やお金の支払い(クレジットカード払い可能)が終わると、トラッキングナンバーが発行されます。

これで郵送は完了です。

 

必要情報

事前に調べておきたいことは、

  • 郵送先住所
  • 電話番号
  • 滞在先住所

ここらへんがわかっていれば、あとは何とかなります。郵便局に行けば、荷物を送りたいことくらい相手もわかっているので、なんとかなります。

 

使えるスペイン語

郵送するときに使えるスペイン語を入れておきます。

困ったときはこのページを保存しておけば、なんとかなるようにします。

 

Me gustaría enviar mi equipaje a Japón. 私は日本に荷物を送りたいです。

¿Cuánto cuesta la tarifa? 料金はいくらですか

¿Cuándo llegarás? いつ到着しますか

¿Hay un plan barato? 安いプランはありますか?

Dirección 住所

Nombre 名前

Teléfono 電話

¿Puedo comprar cartón? ダンボールは買えますか?

¿Cuánto cuesta? いくらですか?

 

これくらいあれば何とか伝わるでしょう。このページをスクリーンショットかPocketなどに保存しておけば、コミュニケーションは楽になると思います。

 

郵送に適したとき

スペインから日本に荷物を送ると高いです。大抵の場合は、自分で飛行機で持ち帰ったほうが安くあがります。

スペインから直接日本へ帰るのではなく、どこかの国経由で帰ったり、知人にお土産を郵送する場合は重さによりますが、予想より高くつくと思います。

事前にホームページにて値段を調べてから、郵便局へ行くのが良いと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

50.スペイン
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました