【2017年】アイスランドの物価情報のまとめ

アイスランドの物価情報

2017年9月にアイスランドに行ってきました。

アイスランドは物価が高いと聞いていたので、どのくらいの値段だったかを記録します。

 

買う場所によって値段は違いますので、ある程度の目安として参考程度にしてください。

1クローナ=1円計算

 

スポンサーリンク

食品関係(注意書きがなければスーパーでの値段)

  • コーラ 350円(空港)
  • 水500ml 400円(空港)
  • サンドイッチ798円(空港)
  • キャベツ 100円
  • バナナ1kg 198円
  • カリフラワー 598円
  • カップ麺 110円
  • インスタント麺 40円
  • 水1.5L 140円
  • コーラ 80円
  • パン 200円
  • ベーコン(小袋) 800円
  • 水1.5L(N1) 399円
  • コーラ(N1) 359円

 

バーベキュー用品

  • チャッカマン 298円
  • ライター 250円
  • ガス缶小(N1) 995円
  • ガス缶大(N1) 1995円

 

スポンサーリンク

雑貨

  • 洗剤関係 400円くらい
  • 充電ケーブル 1000円(N1)
  • シガーソケットUSB変換 2000円(N1)

 

スポンサーリンク

その他

  • ガソリン(ハイオク) リッター200円

 

スポンサーリンク

まとめ

物価な高いと言われてるアイスランドですが、スーパーならまだ買える値段でした。

空港やN1(ガソリンスタンド)は高いです。

 

個人的にはアイスランドよりノルウェーの方が高いと思いました。

安くしたいと考えるなら、キャンプ場で自炊したり、食材やアイテムを事前に購入し、持っていく事をお勧めします。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

53.アイスランド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました