アイスランドのレンタカーと車内泊

アイスランドのレンタカーと車内泊

【車内泊】アイスランドでレンタカーを借りた時に持って行って良かったもの

 

スポンサーリンク

アイスランドでレンタカー

アイスランドを一周しようと思ってレンタカーを空港で借りました。

借りた場所はケフラビーク空港です。レンタカーショップまでは送迎が付いています。

 

車の設備

レンタカーは新しくUSB充電付き

マニュアル

4人乗り(2人で利用)

2ドアタイプ

2WD

 

持って行って良かった物

色々と準備して行きました。

そのうち使えた物を記載します。

 

特にアイスランドは物価がたかいので、持って行くことをお勧めします。

 

シガーソケットからUSB充電

車にもUSBは付いていましたが、もう一個あるとカメラの充電などもできたので、重宝しました。

アイスランドで購入すると3000円くらいします。

 

寝袋

車内泊するのなら必須です。

夏場でも夜には気温は10度を下回るので、寒いです。

車内泊するなら必須です。

 

クッション

空気で膨らませるクッションは使えます。

座席を倒しても完全にフラットにはならないですが、クッションがあれば断然寝やすくなります。

 

ガスバーナー

ガス缶は持ち込めませんが、アウトドア用のガスバーナーは日本から持ち込めます。

ガス缶は日本の倍くらいの値段はしますが、売ってますのでこれで暖かい飲み物や料理が作れます。

 

アウトドア製品

鍋、スプーン・フォークセット、コップなどのアウトドア製品全般は役に立ちました。

これでどこででも暖かい飲み物やご飯が作れました。

 

食材

アイスランドは物価がたかいので、食材を持ち込む事をお勧めします。

 

ウェットティッシュ

ちょっと手を洗いたい時や鍋などを拭くのに重宝しました。

 

防寒具

靴下、手袋、フリース、ブランケットなどの防寒着は持って行って良かったです。

9月で暖かいといっても、アイスランドにしては暖かいというだけなので、普通なら寒いです。

 

ペットボトル

水を貯めておくようにペットボトルがあれは助かります。

その水で手を洗うこともできますし、飲み水として利用する事もできます。

 

スポンサーリンク

逆にいらなかったもの

準備していきましたが、いらなかったものです。

 

調味料各種

醤油やケチャップ、塩、マヨネーズなどを準備していきましたが、キャンプ場で料理すると無料コーナーというものがあり、そこでもらうことができました。

 

お皿など

捨てられる紙皿なども準備していきましたが、お皿やプラスチックコップも無料コーナーにありました。

 

スポンサーリンク

まとめ

基本的にアウトドア製品は持って行く事をお勧めします。

また、食費を安く抑えるなら食材も持っていくほうがいいと思います。

 

次回は車内泊のために購入したものについて書きます。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

53.アイスランド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました