帰りの列車は少ない!メテオラからアテネまでバスでの行き方

メテオラからアテネまでの移動方法

メテオラからアテネまで帰る方法は列車かバスになります。

正確にはメテオラの麓の町のカランバカからアテネに帰る方法です。

 

スポンサーリンク

列車での帰り方

直通列車が1番安いですが、本数が少ないです。

僕が調べた時点では、朝5時台、8時台、17時台しかありませんでした。そのうち直通列車は17時台のみ。

 

一泊して帰る予定だったので、8時台ので帰ろうと思いましたが、値段が高い上に乗り換えが悪くアテネに到着するのが約7時間半後というかなり時間のかかる方法でした。

 

スポンサーリンク

バスで帰る事を考える

せっかくカランバカで一泊するので、朝の出発は早すぎないほうがいいです。

そのため、バスでの帰り方を調べたら、乗り換え列車と同じくらいの値段で、5時間半くらいで帰れる事がわかりました。

 

カランバカ→トリカラ→アテネ

カランバカからトリカラという街まで行き、それから乗り換えてアテネまで行きます。

 

カランバカからトリカラまで

カランバカからトリカラまでのバスは1時間に1本程度にあります。所要時間は約45分ほどです。

始発は5:50から最終は23:30まで。

平日は1時間に1本程度ありますが、週末は本数が減り、2時間に1本くらいになります。

 

トリカラからアテネまで

所要時間は約4時間半です。

  • 7:00
  • 10:00
  • 13:00
  • 15:30
  • 16:30
  • 18:30(金&日)

 

この時間に合わせて、カランバカを出発すればスムーズにアテネに帰る事ができます。

 

また、トリカラからデルフィ(DELFY)までも曜日限定ですがバスがでています。

木曜、金曜、日曜の15:00にバスがあります。所要時間は3時間半です。

 

スポンサーリンク

まとめ

メテオラからアテネまで帰る直通列車は1本しかなく、帰りが22時すぎになるので、カランバカからアテネまで帰るにはバスを利用するのが時間の融通が利いて良いと思いました。

 

カランパカからメテオラの観光方法

【お勧めルート】メテオラまでのバスの時刻と料金と観光にかかる所要時間を解説
ギリシャに来たなら是非行ってもらいたいメテオラ。 メテオラは山の上にあるので、観光はカ.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

55.ギリシャ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました