LCCの出発前に飲食は済ませるべき!?みんなはどうしているのか!?

LCCとは?

LCCとはローコストキャリアの事で、最低限のサービスをする事で値段を抑えている航空会社です。

 

スポンサーリンク

LCCのサービス

コストを抑えているため、機内での飲み物や食べ物は有料となっています。

 

機内での飲食物の購入

機内で食事もしくは飲み物を購入すると割高です。

食事の内容については、キャリアや路線によって違いますが、割高に感じます。

 

しかし、お腹が減ったり、喉が渇いたりしたら、とりあえず購入しようと考えると思います。

 

飲食は先に済ませるべきか?

食事については長時間の移動の前には済ませておくのがベターです。

 

食べ物は基本的に持ち込めますので、お腹が減っていなければ事前に購入しておくのも良いと思います。

 

液体物は国際線なら制限が厳しいですが、荷物検査が終わった後なら100ml以上の飲み物でも持込むことは可能です。

 

国内線では飲み物(アルコール以外)は制限なく持ち込めます。

空港内で購入する事になりますが、機内で購入するよりかは安いです。

 

みんなはどうしているのか?

僕は年間何十回とLCCに乗りますが、食事はほとんどの人が事前に食べているので、機内食を食べている人はほとんどいません。

 

飲み物はビールやお酒類、コーヒーなどを買っている人は多いですが、水やジュースを買っている人は少ない印象です。

 

水やジュースは空港内で売っているので、事前に購入しているのだと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

LCC情報
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました