ナミビアでSIMカードを買うのと設定方法

ナミビアでSIMカードを買う

ナミビアでSIMカードを買った時の記録です。

 

スポンサーリンク

ウィントフックの空港で購入

2017年にウィントフックの国際空港で現地SIMカードを購入しました。

キャリアはMTCという会社です。

 

このMTCという会社が1番ナミビアで大きいキャリアなので、この会社のSIMカードを買うことをお勧めします。

 

購入方法

空港でも買えますし、街中でも購入可能です。

僕は空港のブースで購入しました。

 

値段

SIMカードと1.5ギガのパッケージで80ナミビアドル(約700円)でした。

1ナミビアドル=約9円

 

パッケージ

CTMの料金体系はわかりにくいです。

そのためawehというパッケージを購入することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

購入から設定まで

購入から設定までの一連の流れです。

 

空港のブースで

空港のブースで1.5ギガの利用とナミビアに何日間滞在するかを伝えました。

そうするとSIMカードを渡され、その後にレシートを渡されました。

 

お金は80ナミビアドルを支払いました。

 

SIMカードの設定

まず、SIMカードをスマホに入れます。

SIMカードにはロックがかかっていますので、SIMカードを購入した時に入っている情報(PIN)を入力します。

 

これで、スマホは電波を受信するはずです。

 

トップアップ

これだけでは、データ通信ができないので、トップアップする必要があります。

トップアップするにはSMSを送る必要があります。

 

先ほどもらったレシートに16桁の数字が書いてあります。

その数字を【132】にSMSを送ります。

 

レシートには4桁毎に#がついていますが、#を抜いた数字を入力して送信します。

これでトップアップは終了です。

 

トップアップの確認

トップアップがしっかりできたか確認するには*131#に電話すると確認することができます。

これをしなくてもトップアップがうまくいくとSMSが送られてきます。

 

データ通信ができない

僕の場合はこれでもデータ通信ができませんでした。

トップアップも完了しているが、データ通信ができませんでした。

 

その時はSMSで送られてきたのですが、1521にgprsとSMSを送ります。

これをすればデータ通信できるようになりました。

 

スポンサーリンク

ナミビアでのSIMカードの利用

僕はナミビアでレンタカーを借りたので、SIMカードは使えました。

レンタカーで何かあったときに連絡できるようにする事は重要です。

 

また、ナミビアはWi-Fiも基本的に弱いです。

SIMカードの電波も街中以外はほとんどありません。

 

それでも、何かあったときに連絡できる手段があるとないのではだいぶ違います。

1.5ギガで電話もできて700円なので買っておいて損はないと思います。

 

また、レンタカーではナビ代わりだったり、キャンプ場ではWi-Fi自体ないところもありますので、僕は重宝しました。

 

MTCのコマンド

  • 130 Tango Customer Contact Centre
  • *131# Balance enquire
  • *132# Account recharge
  • 123 CallMail
  • 112 International emergency number
  • 134 Tango options
  • 133 Friends & Family
  • 137 Airtime transfer
  • 145 HappyHour
  • *682# Date Bumdles

 

次回はナミビアのウィントフックのタクシー情報について、書きます。

→ウィントフックのタクシー情報

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

58.ナミビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました