ザンビアの日帰りビザ(TripperVisa)について

カザビザが再度廃止された

カザビザ(ユニビザ)が再度廃止されました。

2017年10月の時点の情報です。

 

公式情報は発表されてませんが、実際に国境、空港での取得はできていないです。

 

スポンサーリンク

カザビザ(Kaza Visa)で観光を考えていた

カザビザはザンビアとジンバブエの行き来が何度でもできるビザなのでかなり有用でしたが、使えなくなっているので観光のルート変更が生じました。

 

スポンサーリンク

出入国について

入国する国と出国する国が重要です。

僕はボツワナからジンバブエに入国して、ザンビアへ行き、ジンバブエに再入国してビクトリアフォールズ空港から帰る予定でした。

 

カザビザがあれば、50ドルで両国のビザが取れるはずでしたが、どうやらビザ代金が高くつきそうです。

 

ザンビアとジンバブエのビザ代金

ザンビアはシングルビザ50ドル、ジンバブエは30ドルします。

ボツワナからだとザンビアへも行けるので、ボツワナ→ザンビア→ジンバブエというルートを通ればビザ代金は50ドル+30ドルの合計80ドルで済みます。

 

カザビザよりも30ドル高い出費になります。

 

ザンビアにはトリッパービザがある

カザビザの廃止の情報を調べているうちにトリッパービザというのがザンビアにある事がわかりました。

これは1日なら20ドルでビザを取得できるとのことです。

 

※トリッパービザは24時間ではなくその日限りのビザになります。

http://www.zambiaimmigration.gov.zm/index.php?option=com_content&view=article&id=89&Itemid=114

 

ジンバブエの再入国は!?

ここで疑問に思うのが、トリッパービザを取得したら、ジンバブエに戻ってくる時に再度ビザが必要なのか?という事です。

調べてみるとその日ならシングルビザで大丈夫と書いてある情報もありましたが、10年前の情報でした。

 

2015年あたりの情報だとシングルビザでザンビアに行って、その日のうちにジンバブエに戻ってきたら再度ビザ代金を請求されたともあります。

 

これはボツワナから入国するときにダブルビザを事前に取得しておくほうが懸命だと思いました。

ジンバブエのダブルビザなら45ドルなので、そこまで高くありません。

 

これならザンビアのトリッパービザと合わせても65ドルなので、少しお得になります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

61.ザンビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました