チョベ国立公園のサファリはボートとゲームはどちらがおすすめなのか?

チョベサファリロッジ

ボツワナのカサネにあるチョベサファリロッジから格安にサファリツアーがあると聞いて、行ってきました。

 

スポンサーリンク

格安サファリツアー

サファリツアーはボートツアーとゲームツアー(車で公園内を散策)があり、ツアー代金と公園への入場料がかかります。

 

ボートツアー代金

ボートは250プラ(約2800円)でした。

これに公園のエントランスフィー(入場料)が70プラかかります。

 

ゲームツアー

こちらは280プラ(約3100円)です。

こちらもエントランスフィーが70プラかかります。

 

2つのツアーを同じにすると公園のエントランスフィーは一回で済みます。
違う日に予約すると二回分支払わないといけません。

 

2つのツアーを同一日に行くとなると、ゲームツアーを午前中に行き、午後にボートツアーに参加になります。

 

スポンサーリンク

ゲームサファリに参加

ゲームサファリは朝6時から始まります。

僕がチョベ国立公園に訪れたのは10月でしたが、昼は暑く朝は長袖が必要でした。

 

チョベサファリロッジのレセプションに5:45に集合して、4WDに乗り込みます。

公園に入る前からシマウマに遭遇しました。

 

それから公園に入るとキリン、象、カバ、ワニ、ライオン、バッファロー、ジャッカル、インパラ、イノシシ、鹿みたいな動物、鳥たちに出会います。

水辺の動物はちょっと遠くからですが、ちゃんといました。

 

途中にコーヒーとティータイムがあり、ツアー時間の3g時間はあっという間に過ぎました。

 

ボートツアーにも参加

ボートツアーは午後3時からでした。

ゲームサファリとは違い、ボートからゆっくり動物を眺めます。

 

カバやワニはかなり近くまで寄ってくれます。

象が川を大群で渡っている姿も見れました。

ボートツアーはゆっくりと動物を見ます。

 

船内ではビールも売られているので、きんきんに冷えたビールを飲みながら見れます。

ただ、午前中のゲームサファリでみた動物とかぶるので、午前中ほど興奮はしなかったです。

 

ゲームサファリとボートツアーで必要なもの

両ツアーとも近くで動物を見ることができますが、近寄れない動物もいます。

やはり双眼鏡かカメラの望遠レンズは必須だと思いました。

 

僕はカメラの望遠レンズを持っていたので良かったですが、ないとちょっと寂しいです。

せっかか発見できた動物が小さくしか見れないのは悔しいです。

 

是非、サファリに参加するなら望遠レンズか望遠鏡を持って行きましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

59.ボツワナ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました