ナミビアのレンタカー費用の詳細

ナミビアでレンタカーを借りる

ナミビアのウィントフックでレンタカーを借りて観光した時の費用の詳細を記録します。

 

スポンサーリンク

レンタカーはAVIS

レンタカーはAVISで借りました。

予約はRentalcars.comでしました。

 

2017年9月26日ー29日の4日間のレンタルです。

 

借りた車は2WD、4人乗り、マニュアル車です。

スペアタイヤは標準で1つ付いてました。

 

レンタルカーズドットコムでの支払い

カーレンタル 124.08€

保険(フルプロテクション) 58.08€

 

この他に現地での支払い

スペアタイヤと追加ドライバーをしました。

 

追加ドライバー 350N$

追加スペアタイヤ 280N$(70N$/日)

 

レンタルカーズドットコムで保険に入っていたので、現地保険には入りませんでしたが、現地で追加保険も入れます。

PAI 50.24N$/day

WTDW 132.44N$/day

 

また、事故を起こしたりすると下記のお金がかかります。

Accident Admin Fee N$675

Valet Charge N$900

免責Max N$3260

 

上記の料金のトータルに15パーセントの税金がかかりました。

 

4日間のレンタルでの合計金額

カーレンタル 124.08€(16,316円)

保険(フルプロテクション) 58.08€(7,637円)

追加ドライバー 350N$(2,890円)

追加スペアタイヤ 280N$(70N$/日)(2,312円)

 

合計 29,155円

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

58.ナミビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました