シューストリングバックパッカーズに泊まってみた感想

ジンバブエの宿泊施設

2017年にジンバブエのビクトリアフォールズのシューストリングバックパッカーズに泊まりました。

事前情報と違っていたので、その時の記録です。

 

スポンサーリンク

宿泊費について

事前情報通り、キャンプ場を使えば1人8ドルでした。

キャンプ場は芝生の上で、ほとんどの人がドミトリーで宿泊のため、かなり空いていました

 

また、クレジットカードが使えず全ての支払いはキャッシュ(現金)のみでした。

 

スポンサーリンク

インターネットについて

Wi-Fiは有料と聞いていましたが、2017年10月の時点では無料でした。

最近はほとんどの宿泊施設で無料のため、それに習って無料にしたとのことです。

 

パスワードはレセプションで毎日もらうことになります。

Wi-Fiは早くはありませんでした。

 

アフリカは基本的に遅いです。

 

スポンサーリンク

停電について

日に何度か停電がありました。

キッチンなどはIHのため、停電になると調理ができません。

 

ガスバーナーなどがあれば、施設内で使って良いそうです。

 

スポンサーリンク

キッチンについて

キッチンはIHのコンロが4つあり、そこまで混んでなかったです。

また、道具はちゃんとあるので自炊には困りませんでした。

 

スポンサーリンク

騒音について

バーがあるので、確かに夜まで音はしてます。

バーがあるのはドミトリーの近くです。

 

ドミトリーの人は寝にくいかもしれません。

キャンプ場はバーの反対側にあるので、僕がキャンプ場に泊まった時は寝るときに気になるくらいの五月蝿さはありませんでした。

 

確かに音は聞こえますが、寝られない程ではありません。

また0時頃には音楽は停止するようです。

 

スポンサーリンク

両替について

ジンバブエはドルが流通してます。

少額の紙幣はジンバブエドルというものがあり、アメリカドルと等価で流通してます。

 

また、ザンビアやボツワナ、ユーロ、イギリスポンド、南アフリカランドの通貨をレセプションで両替してくれます。

 

レートは以下の通りでした。

アメリカドル1ドルに対して

ボツワナプラ 10

ザンビアクワチャ 10

ユーロ 1

ポンド 1.2

ランド 14

 

ハッキリ言って、ボツワナプラのレートが良いです。

ボツワナプラはドルに対して0.94の価値しかないですが、3パーセントくらいお得です。

 

逆に南アフリカランドは1.05の価値なので、5パーセントくらい損です。

 

スポンサーリンク

シャワーについて

僕が泊まった10月ではホットシャワーはでませんでした。

そのため夜にシャワーを入ると寒いので、昼間の温かい時間にシャワーを浴びてました。

 

スポンサーリンク

バーについて

バーでは飲み物かわ1ドル、ビールが2ドルで購入できました。

そして氷が無料でもらえます。

これがかなり良かったです。

 

暑い中、氷の入った飲み物が飲めます。

僕はスーパーで買った飲み物を氷だけもらって、共有スペースで飲みました。

 

スポンサーリンク

まとめ

Wi-Fiが無料になっていたのは嬉しい誤算でした。

ドミトリーは15ドルですが、15ドルでホットシャワーが無いのは痛いと思います。

 

キャンプサイトを使うなら、ビクトリアフォールズではコスパは良い方だと思います。

また、ジンバブエではドルが流通してますが、ATMが使えない状態と言っていいので、宿などで両替をしますが、隣国のクワチャとプラの両替率が良かったです。

 

空港でのATMの利用は可能らしいので、空港から入る場合は空港のATMを利用した方が良さそうです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

60.ジンバブエ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました