ナミビアの国立公園のパーミッションについて

ナミビアの国立公園

ナミビアには国立公園があり、入場するのにパーミッションと言われる許可証が必要です。

このパーミッションは入場料みたいなものです。

無いと罰金があります。

 

チェックされる事はまず無いですが、一応取っておく事をお勧めします。

 

スポンサーリンク

どこでパーミッションを取得するのか?

パーミッションは取得できる場所が限られています。

ゲートで取得できるところもあれば、オフィスまで行かなければならないところもあるので、僕が利用したところについて記録します。

 

セスリムキャンプサイト

デットフレイやDune45に入るのにもパーミッションが必要です。

パーミッションはセスリムキャンプ場で取得できます。

 

セスリムキャンプ場の手前にゲートがありますが、中で取得すると言えばゲートの中に入れてくれます。

しっかりとゲートに入る時に名前などを聞かれるので、しっかり取得しましょう。

 

値段は2017年では1人80N$と車1台につき10N$です。

 

ケープクロス

オットセイのコロニーがあるケープクロスもパーミッションが必要です。

ここはゲートがありませんが、コロニーの近くにオフィスがあります。

 

一本道なので、コロニーに行く途中にあるので、見逃さなければ大丈夫です。

こちらも値段は2017年では1人80N$と車1台につき10N$です。

 

ムーンランドスケープ(月面世界)&千年生きてる草(Welwitschia)

こちらのパーミッションはスワコップムンドのNRWで取得します。

 

値段は2017年では1人40N$と車1台につき10N$です。

こちらはチェックポイントなどはありませんでした。

 

僕らの時はノーチェックでした。

また、上2つに比べるとショボいので、行く価値はあまりありません。

 

パーミッションの料金の低さが行く価値を物語っています。

時間があれば行くくらいの感じでいいでしょう。

 

以上がナミビアのパーミッション情報です。

情報は変わる事もあるので、最新情報を確認してください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

58.ナミビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました