ビクトリアフォールズでSIMカードを購入する

ビクトリアフォールズでSIMカードを購入する

ジンバブエのビクトリアフォールズでSIMカードを購入する

ビクトリアフォールズの街中でSIMカードを購入した時の記録です。

 

僕はシューストリングバックパッカーズに泊まっていたのですが、インターネットが遅すぎたので、SIMカードを購入しました。

 

スポンサーリンク

キャリアはEconet

ジンバブエのキャリアはEconet(エコネット)と言い、SIMカードも安く、日によってプランを変えられるので数日の滞在ならだいぶ安く使えます。

 

購入するまで

街中のエコネットショップで購入しました。

場所はこちらになります。

 

購入に必要な物

  • パスポートのコピー
  • お金
  • SIMフリー端末

 

スポンサーリンク

エコネットショップへ

ビクトリアフォールズの街中にあるエコネットショップに行きます。

パスポートのコピーを持って行きます。

 

もしなければ近くのお店でコピーしてくれるところがあります。

僕はそこでコピーしました。

コピー代金は10セントでした。

 

パスポートのコピーを持って、申請用紙に必要事項を記入します。

必要事項は名前とパスポート番号と住所くらいでした。

 

SIMカード代金の50セントを支払い、SIMカードを手に入れます。

SIMカードはすぐに手に入るので、これからチャージ(トップアップ)します。

 

トップアップについては違うデスクでおこないます。

 

ちなみに料金プランは下記になります。

  • 1ドル250MB/day
  • 2ドル1GB/day
  • 3ドル2GB/day

これ以外にも週プランなどもありました。

 

SIMカードをアクティベート

アクティベートは*143#に電話をして、その指示に従います。

分かりにくかったので、受付の人と一緒におこないました。

 

次に何ドルチャージするかを決めます。

初日は受付の人がプランをやってくれますが、次の日以降は自分で決める必要があります。

 

何日分使うかをあらかじめ決めてからチャージするの事をお勧めします。

僕は4日で5ドルチャージしました。

 

初日は2ドルで1ギガ買い、翌日以降は初日の使い勝手次第で、そのまま使うか更にチャージするかを選ぼうと思いました。

 

*143#に電話してデータプランを買う

データプランの買い方は簡単でした。

*143#に電話するとコマンドが出てくるので、データを買うを選べは買う事ができます。

現在のチャージのバランスも見ることもできました。

 

SIMカードを買うとカフェでインターネットをするよりお得になります。

ビクトリアフォールズのカフェは最低でも2ドルからなので、250メガバイトで1ドルのSIMカードはかなりお得に感じました。

 

それでジンバブエ内ならどこでも使えますので。

しかもSIMカードは0.5ドルと激安なので、初めから買っておく事をお勧めします。

 

ホテルでWi-Fiが早ければ、いいですが遅いならSIMカードのほうが断然早いです。

ちなみにiPhoneではLTEをつかんでました。

 

*125#でバランスを確認

*125#で現在のバランス(残高)を確認できます。

これで残金がいくらかを確認できます。

 

追加のトップアップする

トップアップはエコネットショップですることができます。

エコネットショップでトップアップというといくら?と聞かれるので、2ドルと答えました。

 

1ドル分のチャージ番号が書かれた紙を2枚もらい、番号を*143*××××××××××××#の番号を入力します。

これでトップアップできます。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

60.ジンバブエ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました