ボツワナとジンバブエの国境ではビザ代はプラで支払えるけども。。。

ボツワナからジンバブエに入国

2017年10月にボツワナからジンバブエに入国しました。

その時のビザについての記録です。

 

スポンサーリンク

ジンバブエのビザ

2017年10月にジンバブエとザンビアの共通ビザであるカザビザ(Kaza Visa)を取得しようとしたが、2017年9月にカザビザは再度廃止になった。

 

カザビザはユニビザ(UniVisa)とも呼ばれ、ジンバブエとザンビアの両国に入るなら、観光がしやすいビザとして有名だった。

しかも値段も50ドルで取得できるのでかなり有効なビザであった。

 

そのカザビザが取れなくなったので、入国時にアライバルビザを取得する必要がある。

 

スポンサーリンク

ザンビアのビザは高い

もともとボツワナかろザンビアへ入り、ジンバブエから南アフリカへ飛行機で飛ぼうと思っていたが、カザビザが取れないとなるとビザ代金が高くなる。

特にザンビアのビザ代金はシングルで50ドルもする。

 

それにジンバブエのシングルビザで30ドルもする。

そのため、ジンバブエから入国し、ダブルビザ(2回入国可能)を取得すれば45ドル、それにザンビアの1日ビザ(トリッパービザ)が20ドルで取得できるので、トータルすると15ドルお得になるので、ボツワナからジンバブエへ入国する事にした。

 

スポンサーリンク

国境でビザを取得

ジンバブエは簡単に国境でアライバルビザが取得できる。

ドルだけでなく、ボツワナプラ、南アフリカランドでの支払いも可能だ。

 

しかし、ドル以外の支払いでは手数料がかかり、高くなる。

ジンバブエではATMが使えない(使えてもかなり並ぶ)と聞いていたので、ドルを節約するためプラで支払う事にした。

 

ビザの値段

経験者から言うとビザ代金はドルで支払った方が良いです。

ドルなら45ドルですが、プラだと520プラかかります。

 

520プラはドルに換算すると49ドルです。

手数料で10パーセントくらい高くなります。

 

また、ジンバブエのビクトリアフォールズではプラが使えるところも多く、僕が宿泊したシューストリングバックパッカーズなら10プラを1ドルに両替してくれます。

つまり、520プラなら52ドル換算です。

 

かなり高いビザ代金になりました。

もし、ビザ代金をプラで支払おうと考えてる人がいたら、できるだけドルで支払った方がいいです。

 

ちなみに国境ではATMやクレジットカードが使えるようなところではありません。

事前に現金を用意しておくべきです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

59.ボツワナ60.ジンバブエ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました