アフリカでのテント泊で必要なもの

アフリカでのテント泊で必要なもの

アフリカで宿泊費を抑えるためにかつよするのがキャンプサイトだ。

一泊1500円から2000円のドミトリーが一般的なアフリカでも一泊1000円以下に宿泊費を節約できる。

 

テント泊で必要な物を揃えると安くても1万円はする。

元を取るのにだいたい10日程かかるので、それ以上の日程の旅行を考えているなら、テント泊はお勧めです。

 

テント泊に必要な物はアフリカで購入すると高い上にクオリティが低い。

日本で買い揃えて行くか、ヨーロッパなどのアウトドアが盛んな所で購入したほうが、コストを抑える事ができる。

 

スポンサーリンク

テント泊に必要なアイテム

◎絶対必要

○必要

△あれば嬉しい

 

  • テント◎
  • マッチ△
  • ガスバーナー△
  • ボンベ△
  • 寝袋◎
  • マット◎
  • 扇風機△
  • 虫除け○
  • ワンプッシュ○
  • ライト△
  • モバイルバッテリー○

 

テント◎

テントは日本で購入したほうが良い。

特にクオリティの高いものが3000円前後からある。

アフリカでも4000円程で購入できるが、ワンタッチ式でなかったり、クオリティが少し低い。

 

マッチ△ ガスバーナー△ ボンベ△

これらがあれば、どこでも自炊する事ができる。

マッチは現地購入可能。

 

ボンベは飛行機に持ち込みできないので、現地で購入する必要がある。

ボンベに装着するバーナーは日本で購入する必要があるが、高い。

 

ヨーロッパ経由で来るならヨーロッパで購入すると日本で買うより半額くらいで買う事ができる。

日本で購入するなら、安い中国製品でも可能だが、アフリカのボンベと互換性があるかは不明。

 

寝袋◎

アフリカは季節によって温度が違います。

寒かったり暑かったり。

 

アフリカを訪れる季節に合わせて、寝袋を持ち込むのが良いだろう。

いくら厚着をしても足元などの末端部分は寒いと温めにくいので、ちゃんとした寝袋を購入したほうが良い。

 

アフリカで購入すると5000円ほどかかる。

 

マット◎

マットがあるのと無いのでは熟睡度が違います。

マットは丸めるタイプとエアーマットがあります。

 

エアーマットのが寝やすいです。

こちらも日本で持って行くほうが安いです。

 

扇風機△

USBタイプの小型扇風機があるとテント内でも涼しいです。

アフリカではテント内は密閉します。

 

虫対策です。

特にアフリカでは蚊を媒介とするマラリアなどの病気があるので、テントの窓を開けて寝る事はできません。

暑い時は寝られないくらい暑いので、ポータブル扇風機があれば良いなと思うはずです。

 

虫除け○

これも必要です。

現地でも虫除けはありますが、匂いがきつかったりします。

 

日本製の方が匂いも気にならないです。

 

ワンプッシュ○

どうしてもテントの開閉時に虫が入ります。

ワンプッシュしていれば、それでもだいぶ入る虫を減らす事ができます。

 

ライト△

スマホのライトで代用可能です。

必須ではありませんが、ライトがあればテント内で荷物整理なども楽に行えます。

専用のがあれば嬉しいくらいです。

 

モバイルバッテリー○

基本的にテント泊の場合はスマホを夜に充電する事ができません。

テントの設置場所と電源の場所は離れている場合が多いです。

 

その時はモバイルバッテリーで充電します。

できるだけ大容量のモバイルバッテリーのほうが良いです。

 

以上が僕がアフリカでキャンプをした時に利用したアイテムでした。

足りない物は現地で買い揃えましたが、どれも日本のアマゾンで購入したほうが安い物だらけでした。

 

唯一安かったのは、ヨーロッパで購入したガスバーナーだけです。

これはプリマスのバーナーだったのですが、日本で売られている金額の半額で購入できました。

 

それでも同じような安い中国製品を買えば、日本のほうが安いです。

アフリカに来て、キャンプ製品を買い揃えるよりも、事前に日本で買うほうがクオリティの高いものが安く買えるので、荷物は多くなりますが、日本で買って来た方が良いと思いました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

58.ナミビア59.ボツワナ60.ジンバブエ61.ザンビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました