【キューバ】ハバナのビアズールのバスターミナルからバラデロへ行く方法

ハバナのバスターミナルからはキューバの各地へ行くことができます。運行している会社はビアズール(Viazul)です。

このビアズールのバスターミナルからバラデロという観光地へ行きました。バラデロはキューバ屈指のリゾート地です。今回はそのバラデロへ行くためにバスターミナルへ向かいました。

※ビアズールのバスターミナルからはキューバ各地への便があるので、バラデロ以外にも行く方も使うかと思います。

 

ビアズールのバスターミナルへ行くには

キューバのハバナには各地方へ行くビアズール社(Viazul)のバスターミナルがあります。

このビアズール社のバスターミナルですが、ビアズール社専用のバスターミナルなので、普通のバスターミナルから離れています。

 

スポンサーリンク

バスターミナルの場所と予約方法

グーグルマップではビアズール社のバスターミナルはこちらになっています。

 

旧市街から行く方法はタクシーで行くのが簡単に行けますが、バスで行く事もできます。

 

チケットの予約方法

ビアズールのチケットの予約方法ですが、2つあります。

  • 現地で購入する(10CUC)
  • ネットで予約(10ドル)

僕は予定が立っていなかったので、現地で購入しました。

先に予定が立っているならば、ネットで予約するのがお勧めです。ちなみにキューバ内ではネットに接続するのが大変なので、キューバに入る前に予約しておくことをお勧めします。

 

ネットでの予約方法

ネットで予約するならビアズールの公式ホームページから予約します。

言語はENGLISHに変更しましょう。

【habana】から【varadero】と入力すればOKです。選択肢も出るので問題ないです。

次に時間を選択しましょう。購入には登録が必要ですが、これも簡単です。

 

ハバナ⇄バラデロの時刻表

こちらはホームページに記載されている時刻表です。変わる可能性があるので、しっかりと公式ホームページで確認しておきましょう。

【ハバナ発】

  • 8:00
  • 10:00
  • 13:00
  • 17:00

【バラデロ発】

  • 12:00
  • 14:00
  • 18:00

 

スポンサーリンク

ビアズールのバスターミナルまでローカルバスを使って行く方法

バスで行くには、P12のバスに乗ればバスターミナル近くのバス停まで行くことができ、そこから徒歩で10〜15分くらいで到着します。

 

旧市街からP12のバスを探す

P12のバスは旧市街から出発しています。

乗り場はParque El Curitaの横から出発します。

料金は1CUP(約5円)です。このP12は空港近くまで行くバスでもあるので、乗り場は覚えておいて損はないでしょう。

 

バスの降り場

バスは革命広場を過ぎると、列車の駅があります。この列車の駅を過ぎたらすぐに降りましょう。

ちなみに横を通っただけでは列車の駅かわからないので、GPSで現在地を確認しながら行くのが良いでしょう。

 

ビアズールのバスターミナルまで歩く

ここから歩いてバスターミナルを目指します。

バス停を降りたら少し戻り、左に折れます。

まっすぐ歩き、線路を超えて、信号がある交差点を右に行きます。

歩いていると右手側にしょぼい動物園があり、それを超えると左手側にViazulと有ります。

これがビアズールのバスターミナルです。

 

スポンサーリンク

バスチケットを購入

僕はバラデロ行のバスチケットを当日購入しました。

バスターミナルを見つけるのに時間がかかり、10時出発のバラデロ行きに乗りたかったですが、バスターミナルに到着したのは9:55。

かなりギリギリでしたが、バスチケットは買えました。料金は10CUCでした。パスポートの提示が求められました。

 

バラデロ行きはほぼ満席でした。当日購入でも買えますが、予約したほうが確実だと思います。それか少し早めにバスターミナルに到着すれば大丈夫だと思います。

 

他の人のにもビアズールのバスを利用した人に聞きましたが、バスは基本的には予約しないでも乗れるが、一回だけ満席で乗れなかったと言っていました。

ハバナーバラデロ間のように日に何本も運行しているバスなら良いですが、1日1本しか運行していない路線なら早めに予約したほうが良いでしょう。

 

バラデロの到着バスターミナル

バラデロの到着場所はこちらになります。

予約したオールインクルーシブのホテルは中心街から少し離れた場所にあったので少し歩きました。

ここではタクシーのキャッチなどたくさんいますので、ホテルが遠いようならタクシーを使っても良いですし、歩いても良いでしょう。

 

バラデロからハバナへ帰るなら

帰りのバスの予約はいつでも良いでしょう。帰りの予約も取らずにバスターミナルへ行きましたが問題ありませんでした。

ちなみにハバナへ帰る時は、中心街でバスを降りることが可能です。僕が降りたところはこちらになります。

 

バラデロの宿&ホテル

バラデロに泊まるならカサもしくはオールインクルーシブのホテルになるかと思います。

カサに泊まるなら、予約しなくてもいっぱいあるので心配しなくても大丈夫です。バスターミナルにキャッチはたくさんいますし、カサのマークのある家はたくさんあります。

 

オールインクルーシブについて知りたい、もしくはバラデロのオールインクルーシブの予約方法・お勧めのホテルはこちらで説明しています。

【ネットの情報は注意が必要】バラデロで最高のオールインクルーシブのホテルを選ぶために必要な事
バラデロというキューバ屈指のリゾート地のオールインクルーシブというものをご存じですか?僕も全.....

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

64.キューバ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました