【2018年バス・タクシー】プンタアレナス空港から市内までの移動方法

2018年のプンタアレナスの情報を記録します。

 

プンタアレナスの空港

プンタアレナスの空港の名前は【カルロス・イバニェス・デル・カンポ大統領国際空港】と言います。

かなり長い名前です。

 

この空港にサンチアゴからスカイ航空を使って到着しました。

【チリLCC・荷物・料金】スカイ航空についての詳しい情報レビュー
・・・続きを見る

 

この空港から市内までの移動方法を記録します。

 

スポンサーリンク

空港から市内までの移動手段

インフォメーションに聞いてみると、空港からプンタアレナス市内まではタクシーか乗り合いバンしか移動方法がないらしいです。

 

2018年の値段は空港からプンタアレナスまでのタクシーは1台10000ペソ(約1800円)乗り合いバン(コレクティーボ?)なら1人5000ペソ(約900円)でした。

 

これが正規料金なので、多少の値引きには応じてくれると思っていました。

僕は何人かに値引き交渉をしましたが、値引きには対応してくれませんでした

 

そのため、タクシーをシェアして街まで行きました。

同じ飛行機で来た人のバックパッカーを見つけて声をかけてみて、同じ目的地ならタクシーをシェアしてみるのも良いでしょう。

 

空港からプエルトナタレスへ

空港から少し離れたプエルトナタレスまでもバスは出ています。

空港でもらった紙には3社運行していると書かれていました。

  • BUSES FERNANDEZ
  • BUSES PACHECO
  • BUS SUR

また、このようにも書かれていました。

 

バスは事前にオンライン予約が必須。(www.recorrido.cl

登録していない人はプンタアレナスのバス停に行かなければならない。

 

バスは朝7時から夜21時まで運行しており、1時間半に1本以上はありました。

たぶん飛行機の到着時刻に合わせて運行されているのと思われる。

 

※プンタアレナスは空港から南に位置する近郊の街、プエルトナタレスは空港から北に位置する街です。

 

スポンサーリンク

プンタアレナスの安宿

プンタアレナスに到着して評判の良いBackpackers Paradise Hostelという、宿に泊まった。

ここはBUS SURのバスターミナルからも近い。

 

Backpackers Paradise Hostelの場所はこちら。

値段はドミトリーで8000ペソ(約1440円)だった。

キッチン付、ホットシャワー、Wi-Fiはついていた。

 

また洗濯機の利用は5ドルの追加料金がかかる。

チェックアウトは11時だが、それ以降の荷物預けなどは5000ペソ(約900円)かかる。

 

荷物を預けると割高になる。

午前中に出発するならいいが、午後に出発を考えているなら荷物は預けない方が良いと思う。

 

宿泊8000ペソで荷物預かりで5000ペソは高いと思った。

僕が泊まった時は、トイレが詰まっていたり、鍵が閉まらなかったり、電気がつかなかったりとあまり良いイメージは無い。

 

また、宿泊層が安宿に泊まるような人達なので、夜中まで話し声が聞こえた。

設備の壊れや宿泊者についてはたまたまだったのかもしれないが、個人的にはあまり良い宿だとは思えなかった。

 

プンタアレナスでは安いほうだと思うので、バスターミナルから近い宿が良いなら、ここでも良いと思う。

 

スポンサーリンク

プンタアレナスの情報

プンタアレナスは一泊したが、あまり見るところはなかったという印象です。

プンタアレナスに行くのは、更に南に行く途中に訪れるのに使うので良かったと思います。

 

僕はプンタアレナスからプエルトナタレスへ移動しました。

半日観光して、昼過ぎにはバスに乗って移動で十分だと思いました。

 

それなら交通費の関係で空港からプエルトナタレスへ行った方が時間的にもコスト的にもお得だったなと思いました。

 

プンタアレナスからプエルトナタレスへの移動方法はこちらにまとめておきました。

【時刻表と所要時間】Bus Surでプンタアレナスからプエルトナタレスへの移動
・・・続きを見る

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

スカイスキャナーでまずは値段を調べてみて、それよりも安いかどうかで判断していますので、まずはスカイスキャナーで調べてみることをお勧めします。



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

69. チリ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました