【治安や交通など】ボゴタの情報のまとめ

2017年の12月にコロンビアのボゴタに行ってきました。

その時の情報を伝えます。

 

コロンビアの情報

コロンビアは南米の最初の国になる人が多いと思います。

僕が入国からボゴタを出るまでに調べたことをまとめておきます。

 

スポンサーリンク

入国について

コロンビアには片道航空券では行けないとの情報がありました。

実際に僕もキューバから出国する時にコロンビアを出国する航空券がないとチケットは発券できないと言われました。

 

このような事はコロンビアの大使館などの公式ホームページには記載がありません。

後から調べたのですが、僕のように出国の航空券がないと、その場で出国用のチケットを買わされるとかあるようです。

 

コロンビアに到着してから、入国審査でこのような事も何も聞かれませんでしたし、実際に同じ宿に泊まった人も片道航空券で入国できた人もいます。

 

僕はアビアンカ航空を使いましたが、同じ宿の人はアメリカの航空会社(ユナイテッドかデルタのどちらか)で入国したと言ってました。

アビアンカ航空を使い片道航空券で入国する人はダミーの航空券を用意したほうが良さそうです。

 

ちなみに僕は運良く、リオデジャネイロからボゴタ経由でアメリカに行く航空券があったので、それで何とかなりました。

 

スポンサーリンク

言葉について

空港とホテルを除いて、ほぼ英語は通じませんでした。

スペイン語を知っていればいいですが、スペイン語を知らないと数くらいは言えるようにしたほうが良いと感じました。

 

僕は全くスペイン語がわからないので、アプリで指差しスペイン語やノートを使い、バスの時刻や金額を教えてもらいました。

 

スポンサーリンク

空港からの移動手段

空港からはタクシーかトランスミニスタというバスになります。

タクシーは旧市街まで30,000ペソ(約1200円)、トランスミニスタだと約300円(初回ICカード+乗車賃)で旧市街まで行けます。

 

昼間ならトランスミニスタで、夜ならタクシーが無難だと思います。

 

スポンサーリンク

治安について

昼間は観光地には警察がたくさんいましたし、人も優しくネットの情報のような治安が悪いような感じはしませんでした。

最低限の注意は必要ですが、そこまで身構える必要もないと思いました。

 

夜は電灯が少なく、場所によっては若者が集まっているようなところもありましたが、そこまで神経質になる必要もないかも思います。

もちろん人通りの少ないところは避けたほうが良いです。

 

僕は夜は宿の近くのレストランのみの移動と、暗くなったらタクシーを利用しましたが、注意しておけば大丈夫だと思います。

 

スポンサーリンク

ATMの利用について

僕は空港と街中でATMを使いましたが、どちらともATM利用手数料を取られました。

だいたい500円前後です。

 

ATMを利用するなら一度に多くのお金を引き出したほうが良かったです。

 

スポンサーリンク

観光日数について

ボゴタはあまり観光地がありません。

1日あれば十分でしょう。

 

ボゴタは物価が安く、レストランに入っても500円以下で食事ができるので、バックパッカーなどには長く滞在するのは有りです。

 

スポンサーリンク

気候について

ボゴタは標高が高いです。

飛行機で到着しても運動などしなければ高山病の心配は全くいりません。

 

標高が高いので、そこまで暑くなりません。

昼間は太陽がでれば暖かいですが、夜は冷えます。

 

12月でも夜はウルトラライトダウンが必須でした。

 

スポンサーリンク

Wi-Fiについて

街中でのフリーのWi-Fiスポットはほとんどありませんでした。

逆に宿には安宿にも必ずついていて、速度もそこまで遅くないので、長期間滞在するのは良いかと思います。

 

スポンサーリンク

街間の移動について

街と街の移動は専らバスです。

飛行機での移動もできますが、料金が高いです。

 

VivaColombiaというLCCは比較的安いですが、それでもバスの移動の数倍の料金です。

バスは安く、10時間の移動でだいたい3000円くらいが目安です。

 

バスはボリバリアーノというバス会社が有名です。

バスの予約はインターネットでもできますが、ローカルのバス会社はバスターミナルで予約できます。

 

バス会社は多いので、インターネットで予約できなくても、バスターミナルに行けば、どこかしらの会社が運行しています。

 

クリスマスから正月は注意

クリスマスから正月の休みの時期は繁忙期になります。

バスは予約が取りづらく、飛行機の値段は高騰します。

 

僕はちょうどクリスマスのシーズンにボゴタに到着しました。

この時は大手のバス会社はインターネットで予約が取れず、ローカルのバス会社で街間を移動しました。

 

確かにバスは満員で夜中23時出発や昼発で深夜3時到着のようなあまり時間帯が良くないバスしか残ってなかったです。

それでも移動できないよりもマシだと思い、移動しましたが。

 

飛行機での移動も考えましたが、クリスマスのシーズンだとボゴターカリというバスだと3000円で行ける距離ですら、飛行機だと24000円、ボゴタからキトまでの移動だと、バスだと1万円で行けますが、飛行機だと片道4万円しました。

 

この時期の移動は早めの予約か、バスが満員の可能性もあるので、日程は多めに見積もっていたほうが良いです。

 

僕はこんなに混むとわからなかったので、結構無茶な移動でかなり疲れました。

移動できないわけではないので、そこは、安心してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

コロンビアのボゴタについての情報はこんなもんです。

バスのせいで急ぎ足での移動となりましたが、治安もそこまで悪くなく物価も安いので、ボゴタは良い街だと思いました。

 

次回はボゴタから陸路でエクアドルのキトまで移動した方法をお伝えします。

→ボゴタからキトまで行く方法

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

65.コロンビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました