マイル初心者の僕がマイルについて詳しく調べてみた

スポンサーリンク

マイル初心者の僕がマイルについて調べてみました。

マイルを貯めたらどんな特典があるのか?

実際どのくらいお得なのか?

LCCを使うのとマイルを貯めるのはどちらがいいのか?

どのくらいで無料航空券と交換できるのか?

初心者ならではの質問などあると思います。

マイルはポイントみたいなもの

マイル、マイルと言われますが、要は航空会社のポイントみたいなものです。

貯めれば航空券と交換できたり、席をグレードアップしたりできます。

あんまり深く考えずに最初のうちはマイルはポイントと考えてオッケーです。

スポンサーリンク

マイルは航空会社によって違う

マイルは航空会社によって違います。

ANAのマイルはJALでは使えないですし、JALのマイルもANAでは使えません。

航空会社の固有のマイルになります。

Tポイントとポンタポイントのようなものです。

アライアンスが同じならマイルが付与される

アライアンスとは提携先と考えて下さい。

例えばANAはスターアライアンスに加盟しています。

JALはワンワールドというアライアンスに加盟しています。

日本の会社は加盟していないですが、スカイチームというアライアンスもあります。

アライアンスは航空連合という意味です。

マイルはどのアライアンスに加盟しているかが重要です。

例えば、全く海外旅行へ行かない人が日本の航空会社のないスカイチームのマイレージ会員でもあまり意味がありません。

マイルの使い道

マイルの重要な事は最終的にマイルを何に使うかです。

マイルの使い道は無料の特典航空券にするか席をグレードアップするくらいしか良い使い方はありません。

そのため、マイルを貯める前に自分がマイルをどのように使うかを事前に決めておくことが重要です。

マイルで何が出来るのか?

僕が思うにはマイルの1番効率の良い使い方は無料の特典航空券に交換することです。

シーズンによって多少の誤差はありますが、ANAやJALでは40,000マイルでハワイまでの往復航空券と交換する事ができます。

ビジネスクラスだと80,000マイル必要です。

国内線だと12,000マイル〜20,000マイル必要になります。

4万マイル貯めるにはいくらかかるのか?

ここではハワイに行くためにはいくら必要なのかを計算してみます。

マイルを貯めるには飛行機に乗ってマイルを貯めるかクレジットカードを使ってマイルを貯めるかになります。

普通の人は飛行機に乗ってマイルを貯める事はあまりしないので、クレジットカードの利用だけだといくら必要なのかを計算します。

クレジットカードの利用ではだいたい200円毎に1マイル付与されるクレジットカードが多いです。

そのため4万マイル貯めるには、800万円のクレジットカードの利用が必要になります。

800万使ってハワイ往復チケットが手に入ると考えると現実問題的には微妙です。

だって、ハワイの往復航空券は安い時で7〜8万円で購入する事ができます。

800万使ったら還元率1パーセントのクレジットカードであれば、8万円分は還元されますから、わざわざマイルを貯めなくても還元された分で航空券を買えばいいだけですからね。

もし、還元率が1.5パーセントのカードであれば12万円になりますからね。

なぜマイルを貯めるのか?

還元率もそんなに良くないマイルをみんな貯めるのか?

それにはちょっとしたカラクリがあります。

飛行機に良く乗る人は飛行機に乗っただけでマイルが付与されます。

例えば東京からハワイのホノルルでは3800マイルあります。

航空券のクラスによって換算率が違いますが、往復で7600マイルです。

7600マイルをクレジットカードを使って貯めようとすると、152万円分のクレジットカードでの支払いが必要になります。

それを一回の往復航空券で貯められると考えるとだいぶお得だと感じませんか?

毎年ハワイへ行くのなら、航空会社を指定してマイルを貯めた方がお得となります。

ANAやJALのマイルの有効期限は3年間なので、毎年ハワイへ行くと考えると家計の全てをクレジットカードで支払い、毎年ハワイへ行けば3年に一回は無料でハワイへ行く事も可能になります。

もし、年一回以上海外へ行く、もしくは頻繁に飛行機に乗る事があればどこかのアライアンスのマイレージ会員になっておく事が良いと思います。

毎年ハワイには行かないと考えても、3年間でクレジットカードを利用していれば12,000マイルくらいは貯まります。

そうすれば近場(東京ー大阪間)の往復航空券くらいは無料でゲットすることができます。

新幹線の値段に換算すると約26000円くらいの価値になります。

どのアライアンスに加入すればいいのか?

これは完全に個人の使い方によります。

海外には行かないけど、国内線に使いたいのなら、自分が良く行く就航路線の多いアライアンスに。

僕のように東京ーハワイ間の特典航空券ならJALのマイルを。

ハワイ間はANAよりもJALのほうが良いです。(2018年現在)

海外へ良く行くのならスカイチームでも問題ないです。

もし初心者なら全てのアライアンスのマイレージ会員になれば良いと思います。

クレジットカードを作ると年会費がかかるかかりますが、マイレージ会員になるだけはタダです。

僕はマイルの取りこぼしを防ぐために全てのアライアンスの会員になりました。

ANAやJALはマイルに有効期限がありますが、スカイチームのデルタ航空に至ってはマイルの有効期限がありません。

そのため、国内線に就航していないデルタ航空のマイレージ会員になるのも1つの手です。

日本ーハワイ間の路線もありますし、日本ーアメリカの路線もありますので、とりあえず持っておくだけでも何かの時に使うかもしれません。

有効期限がないからできる技です。

通常であればANAかJAL

普通であれば、ANAかJALの会員が良いでしょう。

この2つの航空会社であれば、クレジットカードのポイントからマイルに交換することもできるので、使い勝手は良いでしょう。

ここまで読んだなら、マイルはどういうものかがだいたい理解できたはずです。

ここからは中級的な話になります。

マイルは交換しにくい?

マイルの使い方にもよりますが、 無料の特典航空券には意外と交換しにくいという話を聞きます。

この特典航空券は飛行機に数席しかなく、すぐに埋まってしまうため、自分の予定している日程で予約できないという話しを聞きます。

これは人気路線に良くあることです。

特にお盆の時期やゴールデンウィーク、年末年始などの休みがかぶる時期などは基本的取れないと思って良いと思います。

マイルには上級会員という制度がある

ANAやJAL、デルタ航空には上級会員というサービスがあり、良く使う人にはそれなりの優遇措置があります。

これになるには一定の条件があり、年間何回乗ったやどれだけの距離を乗ったかなどの条件があります。

この上級会員になるにはかなりの額を使わないといけないので、個人で上級会員になるのは少し厳しいです。

計算すると国内線なら2週間に1回飛行機に乗るペースになります。

ビジネスマンならまだしも個人にはちょっと厳しい条件です。

マイルの効率的な貯め方

マイルを効率的に貯めるには陸マイラーになるしかありません。

陸マイラーとは飛行機に乗らずにマイルを貯める人の事を言います。

マイルを貯めるにはポイントサイト、クレジットカード、特約店を利用すべし

マイルを効率的に貯めるにはこの3つの利用が不可欠です。

  • ポイントサイト
  • クレジットカード
  • 特約店

この他に飛行機に乗る時にはマイルをつけることです。

ポイントサイトとは

インターネットで買い物をする時にポイントサイトを経由するとそのポイントが貯まります。

そのポイントをマイルに交換する事により、マイルが貯まります。

例えば、1万円の物をクレジットカードで購入したら、クレジットカードのポイントが500マイル分貯まります。

これがポイントサイト経由だとさらに250ポイント貯まります。

通常なら500マイルしか貯まらないですが、ポイントサイト経由なら合計750マイル貯まります。

ポイントサイトを経由する事で1.5倍のマイルが貯まります。

クレジットカードも重要

クレジットカードも重要です。

通常だと200円で1マイルですが、クレジットカードの中には100円で1マイルや200円で1.5マイルのようなマイルを貯めるのに効率の良いカードがあります。

これらのクレジットカードはANAやJALのような航空会社が発行しており、年会費もかかりますが、その分マイルの還元率が違います。

ポイントサイトとの併用でかなりのマイルを稼げます。

特約店の利用

これはポイントサイトを使えないインターネット経由でない実店舗を構えているお店での買い物であればマイル2倍なんていう特約店があります。

買い物をするなら特約店で買い物をすれば通常よりもマイルが付与されます。

これらを駆使すれば通常だと800万使わないと東京ーハワイ間の特典航空券になりますが、400万円分の利用でも特典航空券に交換する事もできます。

これに実際の飛行機の移動でマイルを貯めれば、3年間も利用しておけば現実的に無料の特典航空券をゲットすることも不可能ではありません。

やはりマイルは無料の特典航空券との交換が1番良い交換だと思っています。

もっと詳しい情報も今後提供していきますので、マイルは知れば知るほどお得なものなんだと思いました。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存