【ツアー・バス比較】プエルトナタレスからパイネ公園へ行く方法とチケットはどこで買えるのか?

プエルトナタレスからパイネ公園へ

パイネ公園の起点となる街のプエルトナタレスの情報です。

2018年1月情報

 

スポンサーリンク

ツアーの予約

ツアーは前日の19時に宿にて予約した。

料金は30000ペソ(約5500円)。

 

スポンサーリンク

パイネ公園の入場料

公園の入場料は21000ペソ(約3800円)でした。

クレジットカードは使えませんでした。

現金のみの支払いでした。

 

入場券は一回買うと数日間利用可能です。

再入場する時はエントランスでその旨を伝えるとパスポート番号と名前書くと再入場できるようです。

 

もし、ツアーに参加して次もトレッキングでくる予定があれば、先に申告しておくと入場料をもう一度支払う必要はありません。

 

個人で行くのと比較

ツアーにしても個人で行くにしても入場料は21000ペソかかります。

ツアーで行くと入場料の他にツアー代金で30000ペソかかるので、合計51000ペソ(約9300円)です。

 

個人では、入場料21000ペソとバス代金13000ペソ(約2400円)、それに公園内のシャトルバスが往復で6000ペソ(約1100円)、合計で3900ペソ(約7100円)かかります。

個人で行くにはプエルトナタレスのバスターミナルで往復のバスチケットを購入できます。

 

バスツアーと個人で行くのの差は2200円なので、トレッキングもバスの時間を入れると往復で12時間以上になるので、楽なツアーを選びました。

 

スケジュール

  • 7:30ホテルピックアップ
  • 8:00出発
  • 8:50ケーブ到着 入場料5000ペソ(約900円) 500円くらいの価値
    クレジット利用可能
  • 9:45ケーブ出発
    途中 写真スポットで写真撮影
  • 11:00パイネ公園のエントランス到着
    21000ペソ(約3800円) クレジット利用不可。現金のみ。
  • 11:55散歩1時間20分
  • 13:15出発
  • 14:00湖畔で休憩
    食べ物など帰るが、高いので持参。
  • 14:45再出発
  • 15:20滝と山の見えるシーンポイントに到着
  • 15:50出発
  • 16:10山が綺麗に見える所で写真撮影
  • 18:00プエルトナタレスに到着

かなり内容が濃いツアーでした。

 

スポンサーリンク

トレッキングvsバスツアー

パイネに来たらトレッキングと考える人も多いと思います。

むしろ僕もトレッキングをしようと思ってました。

 

ですが、パタゴニアにきたらフィッツロイのトレッキングもあります。
トレッキングはフィッツロイよりもパイネの方がキツイと言われています。

そのため、僕はパイネはバスツアーに参加し、フィッツロイはトレッキングをしようと思いました。

 

トレッキングはやっぱり達成感が違います。

その分疲れます。

 

バスは徒歩で行くとなると何日もかかるポイントを1日で回ることができます。

もちろんトレッキングで行くような所には行けませんが、それでも十分な景色を見ることができました。

 

トレッキングをしなかった1番の理由は疲れるからなんですけど。笑

まぁトレッキングではプエルトナタレスに帰ってくる時間が21時頃とかなり疲れ、翌日以降にも支障がでるかと思いました。

 

もし、日程に余裕があるならキャンプ道具を借りたりしてパイネを探索できます。

 

パイネ公園を観光し終わったら、更に北上してエルカラファテへ行きました。

エルカラファテでは巨大な氷河を見ることができます。

エルカラファテへの行き方です。

【2018年】プエルトナタレスからエルカラファテへの移動記録
2018年にチリのプエルトナタレスからアルゼンチンのエルカラファテへ移動した時の記録です。 .....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

69. チリ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました