Amazon Echoを購入してみたのでアレクサにできることと活用方法を詳しく解説

スポンサーリンク

遂にAmazon Echo(アマゾンエコー)を購入しました。

買うに至ったまでも少し時間がかかりましたが、買えて良かったです。

Amazon Echoを買うまで

Amazon Echoは注文してすぐに届くわけではありません。

まずは購入したいとAmazonの Echoのページで申請しなくてはなりません。

申請してから、招待メールが来るまで買うことができません。

僕は運が良かったのか、申請してから、3週間で招待メールがきました。

招待メールが来てから、4日以内にAmazonで購入しないと招待から外されます。

招待メールが来たのが平日でした。

購入は週末にしました。

スポンサーリンク

購入したのは Echo dot

僕が購入したのはEcho dotです。

1番安いやつです。

※今は招待メールがなくても購入できるようになりました。

使い勝手もわからないので、1番最初からハイエンドモデルは失敗したときの痛手が大きいと思っていました。

Dotなら6000円以下で購入できますし、5年間の保証を追加しても7500円以下です。

これがハイエンドモデルだと保証をつけないで12000円、18000円となるのでまずはエントリーモデルを購入しました。

もし、ハイエンドモデルが欲しくなれば買い換えれば良いですし、Dotもリビングではなく、寝室用にしたりできるので、安いモデルから買いました。

Amazon Echoが遂に到着

Amazon Echoはすぐに到着しました。

さすがプライム会員ですね。

Amazon Echoはプライム会員でないと買えないので、まずは会員になる必要があります。

アレクサが来てから

まずはオープン。

わくわくしながら段ボールをあけてみました。

思ったのはアマゾンドットはちっちゃいです。

中に入っているのもドット本体とマイクロUSBと説明書のみ。

とりあえず電源を入れてみました。

青く光るのがカッコいいです。

アレクサの起動にはアプリが必要

アプリを早速GooglePlayで取得しました。

iPhoneならアップルストアで無料で取得できます。

アプリでセットアップ

アプリを取得したら、ドットのWi-Fiにつなげましょう。

そして家のWi-Fiに繋げるため、家のWi-Fiのパスワードを入れます。

もし、アプリは端末の言語設定の言語になっています。

僕はアンドロイドを使っていたのだが、スマホの設定言語を英語にしていたが、日本語に設定を直した。

アレクサアプリの使い方

僕もアレクサを使うのは初心者なので、そんなに詳しくはないが、アレクサにはスキルというものがあって、これはどんどん追加できる。

自分好みに設定できるので、いろんなスキルを追加してみよう。

まずはアレクサの設定

アレクサを使うのにはまずは住所を設定しよう。

これは天気や温度を調べるのに家の住所を登録しておくと、そこの天気や気温を教えてくれる。

アレクサでできる事

僕は朝おきたら、今日の天気や気温を毎日聞いている。

それに音楽も聞いている。

無料で音楽を聴けるのもかなり良い。

音楽はプライムミュージックとプライムミュージックにない曲も聴ける月額380円プランもある。

他にもニュースの読み上げ機能もあるので、気になったニュースはアレクサに聴いてみる。

更にサードパーティ製の製品があれば、テレビの電源を付けたり、冷房を付けたりできる物もある。

これは赤外線リモコンで操作できる製品は大抵使える画期的なアイテムだ。

アレクサで追加するべきスキル

僕の利用方法ではアレクサに追加するスキルはそれ程多くなかった。

むしろ、初期状態で十分使えるようだった。

まだ使っている機能が天気やニュース、音楽くらいだからだ。

それに目覚ましやタイマーなんかは嫁さんがよく使っている。

料理なんかで、5分測りたいときはアレクサに「アレクサ、5分タイマーかけて」と言えば5分後に教えてくれる。

アレクサによく話しかける言葉

ここでは僕がアレクサに良く話しかける言葉をリストにしてみた。

アレクサ、音楽かけて
→プライムミュージックの音楽をかけてくれる(洋楽が多い)
アレクサ、〇〇の曲をかけて
→プライムミュージックにある〇〇の曲をかけてくれる
〇〇は曲名でもいいし、アーティスト名でも良い
アレクサ、今日の天気は?
→天気予報を教えてくれる。
アレクサ、○時になったら教えて
→○時になったらアラームがなる
アレクサ、3分測って
→3分たったらアラームがなる。カップラーメン作るときに便利。
アレクサ、〇〇について教えて
→○○についてネットで検索してくれる。
アレクサ、スマホを鳴らして
→TrackR(トラッカール)というアプリをインストールしたスマホとアレクサにトラッカールのスキルを入れておけば、スマホが鳴る。スマホを見つけるのが簡単。

よく使う文はこんな感じだ。

特に上から順によく使うワードだ。

あんまり使いこなしては無いと思うが、ドットを買っただけで、こんなに音楽が聞きやすくなったのは買って良かったと思う。

特に忙しい朝の時間帯に言葉1つで音楽が聴けるのは本当に良い。

僕はリビングでの利用だが、寝室で使うのなら、目覚ましに好きな曲を設定したり、更に使うのも良いと思う。

購入しても使うかどうかわからないなら、ドットを買うのをお勧めします。

使わなくても6000円以下の値段だし、使い勝手が良く、音質がもっと良いやつが欲しければ、ドットを寝室用にして、リビングに音質が良いやつを買えばいいし、ドットにはイヤホンジャックがあるので、スピーカーを追加で付ける事もできるし、Bluetoothでスピーカーを接続しても良い。

マジでお勧めできる1品だ。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存