ラニカイビーチまでレンタカーで行く方法

ラニカイビーチとは

ラニカイビーチとは全米No.1にも選ばれたことがあるとても綺麗なビーチです。

とれくらい綺麗かと言うとこのくらいです。

 

スポンサーリンク

ラニカイビーチの場所

ラニカイビーチはグーグルマップで言うとホノルルの北東です。

レンタカーで行くとなるとホノルルより61号線で真っ直ぐ北に向かえば近くまで行くことができます。

 

車の駐車スペース

ラニカイビーチには駐車場がありません。

みんな路駐してます。

空いているスペースがあったら置いてしまいましょう。

 

もちろん人の敷地内とかに置いては駄目です。

迷惑にならない駐車スペースを見つけましょう。

 

この辺りは一方通行なので、グルグル回っていれば空いているスペースを見つける事ができると思います。

※ハワイ州の法律に則った運転をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

ビーチへ

ビーチへ行きましょう。

ご飯を食べるレストランやカフェ、トイレなどはラニカイビーチにはありません。

 

お弁当を持っていったりしましょう。

車で行くなら近くにスーパーがあるので、そこで買い物していくのもいいですね。

 

もちろんゴミはしっかり持ち帰りましょう。

 

 

持っていった方が良い物

間違いなくシートです。

すごいラニカイビーチはサラサラな砂なので、洋服やタオルをそのままビーチに置くと砂がつきます。

是非、シートの使用をオススメします。

 

お弁当です。

ラニカイビーチでばゆっくりとした時間を堪能できますので、お腹が減ります。近くでお弁当を買ったりスナックを用意しておいたほうが良いです。

 

水も用意しておきましょう。

飲む以外に足を洗ったり、手を洗ったりもできるので、大きめの水を用意したほうがいいです。

 

日傘です。

ビーチは日陰がないので直射日光を遮る日傘(もしくは折り畳み傘)があると便利です。
荷物にならないならテントもなら更に良い。

 

日焼け止め。

間違いなく持っていくと思いますが、忘れないようにしてくだい。

 

水中カメラ。

海がかなり透き通っているので水中カメラでも綺麗に撮れる。

 

 

是非、全米No.1に輝いたビーチを堪能してください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました