ハワイで使えるsimカードについて説明

ハワイで使えるsimカードについて

ハワイ旅行に行った時に日本と同じようにネットを使いたいと思う方もいると思います。ソフトバンクユーザーならアメリカ放題がありますが、その他のキャリアの人はなんだがかんだ言ってお金がかかります。

Wi-Fiをレンタルしても1日1000円以上はかかってしまうので、そういう時はプリペイドSIMカードをお勧めします。

 

スポンサーリンク

ハワイで使えるプリペイドのsimカードを利用するには

ハワイでプリペイドSIMカードを使おうとするとシムフリー端末が必要です。
2015年6月以降に発売された端末はシムロック解除ができますので、購入したキャリアに問い合わせしてみましょう。

 

プリペイドSIMカードの用途

プリペイドSIMカードは容量が最初に決まっていますので、動画などの容量が大きくないものを見たりしなければ、1日100メガくらい使うと想定しておけば大丈夫だと思います。

使い方次第ではこれよりも節約できますし、使おうとすれば使いますので、ご自分の利用方法と相談してください。

 

スポンサーリンク

ハワイで購入!?

ハワイ現地でSIMカード購入もできますが、契約するにはショップまで行く必要があります。これはちょっとめんどくさい。

 

日本で購入するほうが簡単

日本のアマゾンでアメリカのSIMカードは買えます。そして何より便利なのが、買ったSIMカードを飛行機内で入れ替えれば、ハワイに到着したときに自動で電波を掴むという優れものです。設定は超簡単です。

 

SIMカードの名前はzip sim

ZIP SIMが楽です。日本で購入可能なのとその設定の楽さからかなりの人が日本を出発する前に購入しています。

 

日本から出発する前にAmazonで買えますし、飛行機でSIMカードを入れ替えておけば、現地空港に着いたときから使えます。

必要なのはSIMカードのイジェクトピンか、なければゼムクリップがSIM入れ替えの時に必要になりますので持って行きましょう。

 

設定も不要で、APNも自動で設定されるので本当にSIMを入れ替えて電源入れるだけです。

 

これでハワイでもネット三昧

問題なくハワイでもネットが使える環境になります。動画やアプリのダウンロードなどの容量を使うとすぐに制限まで行く可能性があるので、容量を使う事はできるだけホテルのWi-Fiなどを利用しましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行海外SIM(プリペイド・ロック解除)
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました