【海外キャッシング】マカオの空港のATMでお金を降ろす具体的な方法を写真で解説

マカオへ旅行をしてきました。

今回は3泊4日の旅行で、マカオのお金は持ち合わせていませんでしたが、空港でATMが使えましたので、使い方も含めてレビューしたいと思います。

 

マカオのお金はパタカだが、香港ドルも使える

マカオで了解できるお金は3種類あります。

  • マカオの通貨であるパタカ(MOP)
  • 香港の通貨である香港ドル(HKD)
  • 中国の通貨である中国元(CNY)

この3つが利用できます。

レートは全て違いますが、マカオでは全て1:1:1のレートで取引されます。

例えば、コンビニで12パタカのお菓子を買うときには、パタカでも香港ドルでも中国元でも12支払えば購入することができます。

 

スポンサーリンク

各通貨のレート(2019年時点)

各通貨のレートは違います。

  • 1パタカ:13.8円
  • 1香港ドル:14.2円
  • 1中国元:16.5円

これが全て1:1:1で取引されているので、お勧めするのはパタカでの購入です。

これを見る限りではパタカで購入するのが一番効率が良いです。

12パタカの物を購入すると、パタカでは166円、香港ドルでは170円、中国元では198円です。

これをみたらわかるかと思いますが、中国元での支払いはやめましょう。2割以上高くなります

 

キャッシングのオススメは香港ドル

使い切り以外では、キャッシングをするなら、香港ドルのキャッシングをお勧めします。

 

パタカはマカオ以外では使えない

香港ドルをお勧めする理由として、香港ドルのほうが換金率が良いからです。

もちろん香港でも使えますし、日本円に戻す時も香港ドルのほうが換金率が圧倒的に良いです。

 

カジノで使えるのも香港ドルのみ

マカオのカジノではマカオの通貨であるパタカは利用不可です。

そのため、カジノには行かない、お金は使い切りのみという条件であれば良いかと思います。

マカオの両替はパタカと香港ドルどちらを選べば良いのか徹底検証
マカオに行った時に軽く衝撃を受けるのが通貨です。 日本なら使えるお金は日本円だけですが.....

 

スポンサーリンク

香港ドルを空港でキャッシングする

それではマカオの空港で香港ドルのキャッシングの方法を説明します。

 

マカオ空港のATMの場所

僕がマカオの空港で見たATMは二箇所ありました。

1つは入国審査前のトイレ付近。男の人がATMでキャッシングしています。

 

もう1つは到着ロビーにありました。

預け荷物を取って、到着ロビーについたら右側に向かえばあります。

ホテルのシャトルバスと同じ方向になります。

この他にも出発ロビーにもATMはありますが、わざわざ出発ロビーへ行かなくても良いので、到着ロビーのATMが一番効率が良いところかと思います。

 

スポンサーリンク

クレジットカードを使ってATMでキャッシングする

僕はまずは到着ロビーのATMへ行きました。

僕は何回か海外のATMでキャッシングしているので、僕のクレジットカードは海外キャッシングに対応させていました。

詳しくはこちらの記事で確認してください。

【海外キャッシング】ATMでクレジットカードを利用し最も安く現地通貨を引出す方法
旅行先で現地の通貨を得るには、クレジットカードを使いATMで現地通貨を引出すのが一番お得とい.....

 

クレジットカードをATMに入れる

まずは自分のクレジットカードを機械にいれてください。そうすると次の操作が始まります。

 

言語を選択する

言語の選択になります。自分のわかりやすい言語を選択しましょう。

今回は【English】を選択しました。

 

暗証番号を入力

暗証番号を入力します。

暗証番号は【PIN】という文字で判別してください。

 

引出し=【Cash Withdrawal】を選択します。

 

次はクレジットカード=【Credit card】を選択しましょう。

 

通貨を選択する

マカオのATMでは2つの通貨をキャッシングする事ができます。

  • HKD=香港ドル
  • MOP=パタカ

どちらを選ぶかは用途に合わせて選べば良いと思います。

僕は利用しやすい香港ドルを選びました。

 

引きだす金額を決める

引きだす金額を入力します。

空港のATMでは引き出すMAXのお金は2000HKD(約29000円)でした。

マカオのホテルにあるATMでは5000HKD(約73000円)まで引き出すことが可能でした。お金をかなり降ろす予定があるのならホテルでキャッシングしたほうが良いかと思います。

※ATMにはATM利用料というものが利用毎かかるので、一回で全て終わらした方がお得になります。

要は【通信中】みたいな感じです。少し待ちましょう。

 

最終確認

最後にサービスチャージがかかりますが、よろしいでしょうか?という文面が出ます。

これはしょうがないので、【Yes】と答えましょう。

 

このような画面が出てきたら終了です。

 

まずは、レシートが出てきて、クレジットカードがでます。

最後に現金がでてきます。日本のATMのように高速なATMではないので、現金がでてくるまで少し時間がかかりますので、注意してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • マカオでのキャッシングは香港ドル、パタカを選ぶ事ができる。
  • 香港ドルはカジノでも利用可能。
  • パタカは日本円に換金するときにレートが悪い。

この後はホテルの無料シャトルバスを使ってベネチアンマカオへ行きました。

また、キャッシングした後は繰上げ返済をして手数料をめちゃくちゃ安くしました。マカオへ旅行をしてきました。

 

今回は3泊4日の旅行で、マカオのお金は持ち合わせていませんでしたが、空港でATMが使えましたので、使い方も含めてレビューしたいと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

マカオ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました