【無料シャトルバス】ベネチアンマカオに泊まるなら、空港への移動はシャトルバスが便利

 

マカオに来ました。

今回はツアーではなく、個人手配で飛行機、ホテルを予約しました。

最初はJTBで予約しましたが、自分で全て手配したら、JTBで予約するよりも138,000円も安く予約出来きました。

マカオはツアーで行くより個人で予約したほうが圧倒的に安かった
・・・続きを見る

ツアーとの違いは送迎のみでしたが、ベネチアンマカオに泊まるなら無料のシャトルバスがありますので、今回はシャトルバスのレビューをしたいと思います。

 

ベネチアンマカオと空港のシャトルバス

ベネチアンマカオは空港とのシャトルバスのサービスがあります。というか、マカオの大型のホテルは空港との無料送迎があります。

今回はその無料送迎のバスを使いました。

 

スポンサーリンク

シャトルバスは予約不要

マカオの空港から各ホテルのシャトルバスは予約不要です。

時刻表もありません。来たバスに乗れば良いんです。

 

バスの営業時間

ベネチアンマカオと空港のシャトルバスの営業時間は10:00〜22:30です。

15〜20分に一本のバスがあります。

 

僕の目の前でバスが出発してしまいましたが、すぐに次のバスが来ました。

バスの営業時間内なら気にしなくて良いです。

 

シャトルバスの乗り場

シャトルバスは到着ロビーへ出て右側へずっと行ったところにあります。案内板もあるので安心です。タクシー乗り場よりもずっと奥です。

 

料金は無料、宿泊チェックなどもない

これはちょっとびっくりしましたが、誰でものれます。宿泊者でなくても乗れます。

チェックなんかもありません。とりあえず乗り込んでみたら本当に無料で乗れます。

 

スポンサーリンク

実際のレビュー

それではマカオへ行った時の実際のレビューにうつります。

 

飛行機を降りてから乗り場まで

税関を通り抜けて、到着ロビーに着くと、案内板があります。小さくですが日本語での案内もあるので、迷う事はないです。

途中にも案内板があります。

この通りに進めばOKです。

更に奥に行きます。工事中もあって、本当にこちらかな?と思いますが、案内板の通りに行きましょう。

この奥がバス乗り場です。外が暗いと不安ですが、全く問題ありません。

僕も奥にバスが見えなかったら少し不安でしたね。

 

乗り場でバスを待つ

夜はバス停は少し薄暗いですが、マカオの治安はめちゃくちゃ良いので問題ないです。

バス停の雰囲気はこんな感じです。

これが今回、僕が泊まるベネチアンマカオのシャトルバスです。

ホテル名が書かれているので間違いないでしょう!!

 

バス内ではWi-Fiあり

ではバスに乗り込みましょう。

ベネチアンマカオに泊まる泊まらないは関係ないので、誰でも乗れます

社内は広いですし、何人も乗れるので、いっぱいになって乗れないということもないでしょう。

社内にはWi-Fiもあるので、待ち時間も暇つぶしができます。

 

ホテルまでは15分かからない

少ししたらバスは出発します。

空港からホテルまでは10分もかかりません。

ホテルの目の前まで行くので、チェックインもすぐできます。

 

ホテルに到着

ベネチアンマカオはめちゃくちゃ綺麗なホテルでした。

奥に行ってチェックインしましょう。

 

ちなみにここに到着し、空港へ行く時もここで待っていればOKです。

営業時間もしっかり書いてあります。

 

次回はベネチアンマカオのチェックインについて記事にしたいと思います。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)

Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました