サファリが魅力的すぎるボツワナ共和国

スポンサーリンク

africa-915342_640

ボツワナ共和国とは?

ボツワナ共和国はアフリカの内部にある国で、四方を南アフリカ、ナミビア、ジンバブエ、ザンビアに囲まれている海の無い国である。

首都はハボローネで、人口は2013年時点で203万人。

現在のボツワナの主要産業はダイヤモンド発掘で、ダイヤモンドが1967年に発見されてから急速に経済は発展してきている。

スポンサーリンク

ボツワナの治安

ボツワナの治安はアフリカ大陸の中では比較的良好と言われている。

重大な犯罪はあまりないが、スリや置き引きなどはあるようだ。

参考:在ボツワナ日本大使館

やはりサファリ

ボツワナには国立公園があり、そこでは様々な動物がみることができる。

そして、サファリツアーなども頻繁にあり、そこで見れる動物や景色は他では見られないような素晴らしい景色だと言われている。

ザンビアなどのサファリも有名だが、ボツワナでは湿地帯があり、ザンビアよりも多くの動物がみれるとのこと。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存