【クアラルンプール】電車より安くプトラジャヤのピンクモスクへバスで行く方法

プトラジャヤにあるモスク

プトラジャヤにあるモスクはピンク色をしていて、通称ピンクモスクと呼ばれています。

正式名称【Masjid Putra】はです。

ピンクモスクはクアラルンプールの中心街から離れていて、クアラルンプールの中心街と空港のちょうど間にあります。


グーグルマップだとここになります。

スポンサーリンク

ピンクモスクへの行き方

ピンクモスクへのポピュラーな行き方はやはり電車【KLIA Transit】です。

空港からKLセントラル駅に通っている電車のプトラジャヤセントラル(Putrajaya Central)という駅から、バスもしくはタクシーで行く方法がメジャーです。

電車料金は14リンギットです。

あまり行く人はいませんが、バスで行く方法もあります。

バスで行く方法バスはチャイナタウンの北側のバスターミナルから500番のバスで、プトラジャヤセントラル駅まで行くことができます。


【Mydin】というところの横から出ているバスの500番でプトラジャヤセントラルまで行けます。

バスはたくさんあるので、500番のバスか、プトラジャヤはどちらかを聞けば、教えてくれます。

バスで行くメリットはやはり値段です。

4リンギットでプトラジャヤ駅まで行くことができます。

時間もそんなにかかりません。(僕はバスの時間だけだと40分で駅まで着きました。)

僕はチャイナタウンに泊まっていたので、電車で行こうとするとパサールスニ駅からセントラル駅まで言って、そこで乗り換えをしてプトラジャヤ駅まで行くことになります。

電車で行くなら、乗り換えのことを考えないといけませんが、乗り換えの無いバスの方が結果的にと早かったと思います。

チャイナタウンからプトラジャヤへ

僕は12時半の500番のバスに乗ってプトラジャヤを目指しました。

値段は4リンギット。

電車で行くよりもだいぶ安い。

バスは意外と早く、13時10分にはプトラジャヤセントラル(プトラジャヤ駅のバスターミナル)に到着しました。

ピンクモスクへバスで行く

ピンクモスクに行くには、ここで乗り換えが必要です。

プトラジャヤ駅からモスクに行くにはバスは502番のバスに乗れば着きます。

バス乗り場がわからなければ、近くの人に聞けば良いですが、プトラジャヤセントラル駅はプラットフォームの横に番号の載せてあるので、すぐにわかると思います。

502番のバス乗り場で、30分待ってもバスは来ませんでした。

昼過ぎの時間だからかわかりませんが、バスは来る気配もありません。

だいたい1時間待てば、来るらしいです。

ピンクモスクは見学時間が決まっており、その時間内に行かないといけません。

僕はこの日、ピンクモスクを見学し終わったら、空港へ行き飛行機に乗らないといけない。

バスの時間は誰に聞いても何時にくるかわからないので、いつまで待ってもしょうがないので、タクシーで行こうと思う。

タクシーで優雅にピンクモスクへ

結局タクシーに乗ることにしました。

バスからタクシー乗り場はすぐそこです。

2リンギットを支払い、メータータクシーに乗る。

クアラルンプールは基本的に交渉制で、メーターは使いませんが、このようにタクシーカウンターがあるところはメーターを使ってくれます。

この2リンギットはタクシーのて手配料でタクシー料金とは別に必要でした。

13時50分にタクシーは出発しました。

駅からピンクモスクへは9リンギットだった。

乗車時間は10分程。

タクシーだと大回りしなくて着くので早く楽です。

バスだと大回りしていくので、時間がかかるとのことです。

ピンクモスクを見学

ピンクモスクは見学スペースが少なく、ベールを借りて、中を見るだけなので、見学時間は20分もあれば十分です。

到着。

女性はピンク色のベールを無料で貸してくれます。

ここでは、バックパックやスーツケースのような大きな荷物も受付で預かってくれます。

ブルーモスクはインフォメーションセンターがあったり、中をガイドしてくれたりするので、観光時間は1時間から1時間半だが、ピンクモスクは思ったより早く終わりました。

ピンクモスクの近くには広場があり、総理官邸もある。

少しの写真を撮る時間があれば、十分だと思います。

ピンクモスクの営業時間

土曜日〜木曜日(Saturday to Thursday)

  • 9:00-12:30
  • 14:00-16:00
  • 17:30-18:00

金曜日(Friday)

  • 15:00-16:00
  • 17:30-18:00

ピンクモスクに滞在する時間は30分もあれば十分です。

17:30から18:30の時間だと短いと思うかもしれませんが、実際は十分です。

ピンクモスクから帰るには

帰りはタクシーが捕まるか不安だったが、僕のようにプトラジャヤ駅からタクシーに乗ってきた人がいるので帰りのタクシーには困らなかった。

帰りは交渉制となるが10リンギットで大丈夫だ。

もし、ゴネたら2リンギットほど上げれば大丈夫。

空港までは9.4リンギットで電車に乗ればいけます。

もちろんチャイナタウンへ行くなら、帰りも同じようにバスでもかまいません。

ピンクモスクへ行くのは、ピンクモスク自体が中心街と空港の中間にあるので、空港から中心街に行く時か、中心街から空港へ行く時に見学するほうがお勧めです。

中心街からピンクモスクへ行くのは時間がかかるし、また中心街に戻るのも大変です。

空港から行きか帰りにすると、大きな荷物があるかもしれないが、見学中は荷物を預かってもらえます。

荷物を持っているのは電車に乗っているとき、もしくはバスの乗り換え時とタクシーやバスの乗り換えの時のみなので、意外となんとかなる。

ピンクモスクへ行くのは半日かかりになるので、空港からダウンタウンへ行く、もしくは帰りに行く方が時間を有効活用できるので、おすすめします。

ピンクモスクに行ったのなら、是非ブルーモスクに訪れてみてください。ピンクモスクよりも大きく、白とブルーの色合いがとても素敵です。

また、バトゥ洞窟というクアラルンプールに来たなら絶対に訪れる観光地があります。ここでは像と洞窟が有名だが、本当の真っ暗闇を体験できるツアーも存在する。このツアーはあまり日本では知られていないが、海外では有名。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存