クアラルンプールのお勧め観光スポットとその地図

クアラルンプールの観光マップ

クアラルンプールの観光地をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

観光マップのシェアで出来る事

観光マップのシェアで出来ることは観光地の距離感がわかると、どのようなルートを通れば効率的に回ることも事前に考えることができます。

こちらのマップを共有すれば、だいたいの位置関係がわかります。

観光名所一覧

  1. ピンクモスク
  2. ブルーモスク
  3. バトゥ洞窟
  4. KLCC水族館
  5. KLタワー
  6. ペトロナスツインタワー
  7. ダタランメルデカ
  8. セントラルマーケット
  9. Petaling Street Market
  10. スリ マハ マリアマン寺院
  11. マスジッド・ネガラ
  12. バード・パーク

このようになっています。

このマップはあなたのスマホのグーグルマップで見ることができます。

マップのダウンロードの方法はこちらで詳しく解説しています。

ピンクモスク

ピンクモスクはクアラルンプール市内と空港との間に位置しています。

モスク自体がピンクに装飾されており、女性の貸衣裳もピンクで統一されています。

ピンクモスクは世界を探してもここにしかありません。

ブルーモスク

世界で3番目に大きいと言われているブルーモスクです。

青と白の色合いが清潔感を醸し出しています。

市内からのアクセスは時間がかかりますが、それでも行く価値はあります。

個人的にはバスでのアクセスが良いと思います。

バトゥ洞窟

クアラルンプールに来たのなら、必ず訪れる観光地です。

バトゥ洞窟の近くにある完全な暗闇を体験できる洞窟があります。

こちらは日本ではあまり知られていませんが、海外では人気のスポットです。

バトゥ洞窟のついでに訪れるのも良いでしょう。

KLCC水族館

全長90mの水中トンネルがある水族館。

水族館ですが、カエルや蝶なども展示されています。

KLタワー

東南アジア1高い電波塔です。

その高さは421mです。

高さ自体はペトロナスツインタワーの方が高いですが、標高が94mのところに建てられているので、眺めはこちらの方が良い。

そして比較的すいていますので、予約が必須のペトロナスツインタワーよりも訪れやすい。

ペトロナスツインタワー

452mのタワー。

その姿は圧巻です。

個人的にはライトアップされた姿がとても綺麗だと思います。

夜には近くで噴水ショーがありますので、夜の時間に訪れることをお勧めします。

ダタランメルデカ

ムルデカ広場はイギリス統治から独立した記念の場所です。

ここはだだっ広い芝生があり、予想よりはるかに大きい旗が立っています。

その大きさに驚くことでしょう。

セントラルマーケット

お土産を買うにはもってこいの場所。

ショッピングが好きならここははずせない。

有名ななまこ石鹸もここで売っている。

スリ マハ マリアマン寺院

クアラルンプールで最も古いヒンドゥー教の寺院です。

チャイナタウンから近いので、アクセスも良い。

マスジッド・ネガラ

いわゆる国立モスクです。

ピンクモスク・ブルーモスクは郊外にありアクセスは良くないですが、ここはアクセス抜群です。

時間が無い人はこちらのモスクへ。

バード・パーク

野鳥が放し飼いになっています。

子どもには喜ばれるでしょう。

大人だけなら、ここでわざわざ行く必要もないかと思います。

いかがでしょうか?

軽い説明もつけましたので、是非観光の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存