【ムンバイ】カンヘリー石窟群へ電車で安く行く方法

スポンサーリンク

カンヘリー石窟群とは

ムンバイ郊外にあるカンヘリー石窟群はサンジャイ・ガーンディ国立公園(Sanjay Gandhi National Park)内にあります。

タクシーで行くことは簡単ですが、安く行くには鉄道を使ったほうがいいです。

スポンサーリンク

カンヘリーケイブスの最寄り駅

カンヘリーケイブスの最寄り駅はボリバリ駅(Borivali Railway Station)です。

チャーチゲート(Churchgate)駅からローカル電車に乗って、カンヘリケイブスのあるBorivali Railway Stationを目指しました。

列車の時間はグーグルマップで調べることができるので、泊まっているホテルから1番近い駅で探してみてください。

列車に乗車

列車は頻繁にあり、お金は15ルピー。

電車の時刻はグーグルマップで調べると頻繁にある。

駅では窓口でも買えますが、券売機もあります。

ボリバリ駅からの行き方は日本語ではヒットしなかったが、英語だと最寄りの駅から188番のバスがあるらしい。

電車に乗って、約1時間後にボリバリ(Borivali)駅に到着。

ナショナルパークまで

駅に降りて、188番のバスを探したが、数字で書いてないバスが多く、どれでいくかわからない。

そのためリキシャで、60ルピーでナショナルパークの入り口まで。

ナショナルパークの入り口までだと500メートルくらいだから、リキシャ使うまでもなかった。

歩いても10分くらいで到着できる。

リキシャだと道が混んでいるので、そこまで到着時刻に差はない。

ナショナルパークに入場

ナショナルパークに入るのにも1人48ルピーかかる。

そしてカンヘリケイブスまでは入り口から約7キロある。

そんなこと知らず、カンヘリーケイブスに行くには、入り口から行くには4つの方法がある。

歩き、バス、リキシャ、自転車だ。

最初はリキシャのチャーターしようとしたが、2時間で1250ルピーと言われたので、インドの物価からしたら、高いのにも程がある。

1000ルピーまでは落ちるが、それでも高いので相手にしない。

公園内にはバスが走っていて、それを利用しようとしたが、日曜やホリデーだと1時間に3.4本のバスがあるが、平日だと1時間に1本のバスしかない。

ONLY SUNDAY&HOLIDAYと書いてある時刻表。

休日は188番のバスが運行しているらしい。

時間はちょうど00分に出発するらしい。

僕らは着いたのが13時10分だったので、とりあえず待っていた。

そして、13時半にバスが来て、次の出発は14時ちょうどだったので、30分も待つのかと思い、そこらへんを見ていると、レンタル自転車があった。

レンタルサイクルでカンヘリーケイブスまで

バス乗り場の近くにレンタルサイクルがある。

最初はチャリ置き場にしか見えなかったが、レンタルサイクルだった。

2時間レンタルで80ルピー。

一応、デポジットが300ルピー必要ないだが、ちゃんと戻ってくる。

待つより行ったほうがいいと思い、帰りも好きな時間に帰れるので、チャリで行くことにした。

※平日はバスが帰りも1時間に1本。

7キロの道のりは約30-40分くらいだからと思い、レンタル。

実際は行きは少しの上り坂があり、最後に上り坂がある。

そのため、行きは45分かかった。

お水は持っていったほうが良い。

カンヘリケイブスに着いたら買うことはできるが、途中は全く買えるところがない。

そして、道は舗装されているが、所々悪いところがあるので、ケツが痛くなる。

こんな道をひたすら走る。

疲れるけど、サイクリングは気持ちが良かった。

やっと石窟群に到着

自転車で遂に到着したら、入場料が200ルピーかかる。

更にとるのかと思いつつ、料金を支払う。

カンヘリケイブスはエレファンタ島のよりすごかった。

普通にかなり奥まで続いているし、人も現地民しかいない。

その分、街から離れていてアクセス悪いし、チャリだったので疲れたけど。

帰りは25分で帰ってこれた。

最後の坂がないのと、行きのほうが坂が多かったからかと思いつつ、チャリのレンタル時間の2時間以内に帰ってこれたのが良かった。

もうちょいゆっくりもしたかったが、このくらいの忙しい感じのほうが良かった。

そして駅までは歩きで余裕だった。

体力があるなら、レンタルサイクルはオススメです。

好きな時間に行く事も帰ることもできます。

一応、レンタルは2時間までですが、少しくらいの遅れは大丈夫らしいです。

また、追加料金を払えば、営業時間な内の返却なら大丈夫です。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存