パリのこれだけは行っといたほうが良い観光地

パリの観光地

パリの観光地でこれだけは、行っておいたほうが良い物をまとめてみました。

  • ルーブル美術館
  • ベルサイユ宮殿
  • モンサンミッシェル
  • エッフェル塔
  • 凱旋門
  • シャンゼリゼ通り
  • ラファイエット

これを見るのには丸々2日掛かります。というか、モンサンミッシェルを見るのに丸々1日といったところでしょうか。

スポンサーリンク

モンサンミッシェル以外の観光地を1日でみるための極意

ヨーロッパにはシーズンというのが存在します。夏のヨーロッパは特に込みますので、夏のパリでも1日で回るための極意です。

まずはベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿場かなり込みます。しかも、チケット売り場でも並んで、中に入るのにも並びます。これは事前にチケットを買っておくか、予約しておきましょう。もしくはチケット自体は中の券売機で買えば時間短縮です。

朝一で行くのも有効な手です。

僕は11時くらいに到着したら中に入るので2時間待ちでした。

2時間待つくらいなら予約するか、朝一で人のいない時間を狙っていきましょう。

ベルサイユ宮殿には他の離れもありますが、宮殿のみで十分です。

帰りはラファイエットの百貨店へ

特に買い物がなくても、360度に広がる風景は圧巻です。

ここでご飯を食べてもいいですね。冬は夕方に回して、ライトアップをみるのもいいでしょう。

次はルーブル

昼間の暑い時間はルーブル美術館を見ましょう。

ルーブル美術館も並んでいますが、メトロ駅から入るルートは比較的空いてます。

駄目なのがピラミッドからの入り口です。メトロから入場しても結局は同じところで合流します。

何が混んているかというと荷物検査なので、空いているところから入りましょう。

チケットは券売機で買い、出来ればオーディオガイドも借りた方がいいと思います。

オーディオガイドがあれば、どのルートで行けばルーブル美術館の有名な作品を見れるかわかります。

ルーブル美術館は広くて全部みると一週間くらいかかると言われますが、全部見ても印象には残らないので、オーディオガイドのメジャーな作品のみ見るのがお勧めです。

ルーブル美術館が終われば、3時過ぎになっていると思うので、メトロに乗ってシャンゼリゼ通りを歩きましょう。

シャンゼリゼ通り

渋谷の表参道よりも大きくて綺麗です。

シャンゼリゼ通りの終点が凱旋門になります。

凱旋門

凱旋門は見てもいいですし、登ってみても良いですよ。

凱旋門は比較的空いていますが、21時以降が空いていると言われます。

エッフェル塔

最後にはエッフェル塔のライトアップです。

エッフェル塔は毎時00分にライトアップされます。これを近くでみてもいいですし、登ってみてもいいでしょう。

エッフェル塔もめちゃくちゃ込みますので、予約するかツアーに入って行くのが良いと思います。

ポンバドゥールやピカソ博物館やパリ市民博物館は?

これらは上の物と比べれば、行かなくてもよい物です。時間があれば行けばいいし、見ても十分見応えはあります。

しかし、時間に限りがあるなら上の観光地を優先させるべきです。

モンサンミッシェルは?

モンサンミッシェルは日帰り観光できます。

ツアーで行くのもいいですし、個人でも行けます。

個人で行くならバスがお勧めです。列車がお勧めされていますが、あれは遠回りですし、時間が限られています。

しかも予約も大変です。

バスだとパリからダイレクトに行けますし、行きと帰りの時間だけ気にすればいいだけです。

料金は、ツアーだと120€、列車だと70€、バスだと55€です。

もちろん、空きがあれは安くなりますし、空席が少なければ高くなります。

ツアーだと、入場料やガイドが入っていれば、実質列車と同じくらいの料金になります。

1番お勧めはバス。安いし滞在時間が長い。次はツアー。何よりわかりやすい。

お勧めできないのが列車。列車だとパリ→レンヌまで列車。さらにモンサンミッシェルまでバス。しかもこのバスがそんなに本数がないのです。

僕がバスで行ったときの事はこちらで詳しく書きております。バスの駄目なところは1日1本しかないので、フレキシブルではない事だけです。

1番フレキシブルなのは列車です。

もし、モンサンミッシェルで1泊するなら、バスでモンサンミッシェル、モンサンミッシェルから帰りもバスが1番です。バスは別に日帰りだけでなく、帰りの便をずらせばいいだけです。

しかし、本数が少ないので、そのときだけは列車もありだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存