【往復50€以下も可能】モンサンミッシェルの日帰り観光

パリ郊外の観光地であるモンサンミッシェル

パリからほぼ丸一日かかる有名観光地であるモンサンミッシェルへの日帰り観光についてです。

スポンサーリンク

パリからモンサンミッシェルまでの行き方

パリからモンサンミッシェルへ行くには、観光ツアーに入るか列車(TGV)でレンヌまで行き、それからシャトルバスでモンサンミッシェルへ行くのがメジャーでした。

観光ツアーのモンサンミッシェル

モンサンミッシェルへのツアーは最低で100€します。1番楽ですが、ちょっと高いです。

列車+シャトルバス

1番お勧めできないプランです。列車(所要時間2時間)は早くに予約すると片道20€で予約する事ができ、シャトルバス(所要時間1時間)は片道15€です。

往復だと70€します。

ツアーに入るより安く済みますが、自分で予約しなければならないのと、シャトルバスの本数が少ないので、時間に縛られます。

ちなみに列車は通常価格だと片道50€もします。直前に予約するとほぼ通常価格なので、直前にチケットを買うくらいなら、ツアーに入ったほうが良いと思います。

お勧めの直通バス

パリからモンサンミッシェルへ行くのは直通バスがお勧めです。運行会社はFlixbus(フリックスバス)です。

モンサンミッシェルまで直通で行きますし、朝7:50出発し到着は12:30。帰りは17:20出発の22:00にパリに到着です。

これは夏の時期なので、ちょっと高くついています。

また、繁忙期だと更に値段は上がります。

何より、滞在時間が5時間と存分にモンサンミッシェルを楽しめます。

お値段はなんと往復50€以下です。値段は席の空き状況によって変動しますが、5日前でこの値段でした。

片道の予約もできる

Flixbusは片道ずつの予約も可能です。Flixbusの難点は本数が少ない事なので、列車とフリックスバスを組み合せたり、帰りは翌日にしてみたりとフレキシブルに対応できます。

フリックスバスは快適

フリックスバスはめちゃくちゃ快適です。座席は日本のバスよりも広く、バス内に電源、Wi-Fi、トイレが付いています。とても快適です。

フリックスバスの予約方法

フリックスバスの予約はめちゃくちゃ簡単です。ホームページから予約するのもいいですが、アプリから予約するほうが簡単です。

支払いはクレジットカードです。

検索方法:Paris to Le Mont Saint-Michel

チケットはアプリでQRコードを見せれば良いだけ。列車よりも断然楽です。

フリックスバスの注意点

フリックスバスの乗場までは自力で行く必要があります。

時間厳守です。

15分前に到着するように書いてありますが、5分前に到着すれば大丈夫。

しかし、出発時間を過ぎてしまったらチケットは無効になります。

フランス国内なのでパスポートはいりませんが、念のため持っていくことをお勧めします。

出発場所

パリのフリックスバスの出発場所は2か所あります。

お勧めの乗り場はPorte Maillotです。

パリの中心地に停まっていれば、どちらもアクセスは同じくらいですが、出発時間が遅く、到着時刻が早いのでいいと思います。

次は実際にフリックスバスを使ってモンサンミッシェルへ行った時の記録です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存