帰りの列車は少ない!メテオラからアテネまでバスでの行き方

メテオラからアテネまでの移動方法の

メテオラからアテネまで帰る方法は列車かバスになります。

正確にはメテオラの麓の町のカランバカからアテネに帰る方法です。

スポンサーリンク

列車での帰り方

直通列車が1番安いですが、本数が少ないです。

僕が調べた時点では、朝5時台、8時台、17時台しかありませんでした。そのうち直通列車は17時台のみ。

一泊して帰る予定だったので、8時台ので帰ろうと思いましたが、値段が高い上に乗り換えが悪くアテネに到着するのが約7時間半後というかなり時間のかかる方法でした。

バスで帰る事を考える

せっかくカランバカで一泊するので、朝の出発は早すぎないほうがいいです。

そのため、バスでの帰り方を調べたら、乗り換え列車と同じくらいの値段で、5時間半くらいで帰れる事がわかりました。

カランバカ→トリカラ→アテネ

カランバカからトリカラという街まで行き、それから乗り換えてアテネまで行きます。

カランバカからトリカラまで

カランバカからトリカラまでのバスは1時間に1本程度にあります。所要時間は約45分ほどです。

始発は5:50から最終は23:30まで。

平日は1時間に1本程度ありますが、週末は本数が減り、2時間に1本くらいになります。

トリカラからアテネまで

所要時間は約4時間半です。

  • 7:00
  • 10:00
  • 13:00
  • 15:30
  • 16:30
  • 18:30(金&日)

この時間に合わせて、カランバカを出発すればスムーズにアテネに帰る事ができます。

また、トリカラからデルフィ(DELFY)までも曜日限定ですがバスがでています。

木曜、金曜、日曜の15:00にバスがあります。所要時間は3時間半です。

まとめ

メテオラからアテネまで帰る直通列車は1本しかなく、帰りが22時すぎになるので、カランバカからアテネまで帰るにはバスを利用するのが時間の融通が利いて良いと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天