【レンタルWi-Fiいらず】ハワイ島でも使えるお勧めのSIMカードはこちら!!

ハワイ島に行ってきました。

今回は初めてハワイにSIMカードを持って行ったのですが、やはりSIMカードがあると旅行がめちゃくちゃ快適です。

 

今回はお勧めのSIMカードを紹介します。

どうやってSIMカードを使うのか?と知りたい方はこちらの記事をみてください。

【便利すぎ】AmazonでSIMカードを買って海外でiPhoneをそのまま使う方法
・・・続きを見る

 

ハワイ島でも使えるSIMカード

僕がお勧めするSIMカードは下記の2種類です。

値段的にもお勧めです。Amazonで調べると他のSIMカードも出てきますが、クオリティは変わらないので、値段とデータ通信量で選ぶことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

どこでもネットのアメリカSIMカード


アメリカ SIM カード 4G LTE 高速 定額 データ 通信 USA America 米州 ハワイ アクティベーション不要 (750MB/15日(通話付き))

750MBで15日間使えるプランで1,000円です。データ通信+現地通話がついてこの値段はハッキリ言って激安です。

僕はこのSIMカードを使いました。街中では4G(LTE)を受信しました。街から離れると3Gとなってしまいましたが、問題なく使えました。

※APN設定をしなくても4Gはデータ通信ができたが、3GはAPN設定をしないとデータ通信ができなかったです。

 

グーグルマップでのナビやショッピングで日本に売っているかどうか検索するなんてことも問題なく使えました。

データ通信はほぼホテルのWi-Fiで利用して、街中でもちょっと使いたい!なんて考えている人にはお勧めです。

僕は10日間の通信料は500MBでしたので、YouTubeなどの動画以外に普通に使っていれば問題ない通信料です。

 

スポンサーリンク

MAXSIM ハワイ・アメリカ本土プリペイドSIM


【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き

こちらは先ほどのSIMカードよりも日数が30日、データ容量が8GBと大容量になります。値段も1,470円と安いです。

データ通信が8GBまで可能なので、ヘビーユーザーでも問題なく使えます。僕の友人はこちらのSIMカードを買って使っていましたが、1GBしか使えず、かなり余らしていました。

それでも価格差は470円なので、データ通信料を気にしたくない人にはお勧めです。

 

スポンサーリンク

まとめ

2種類から自分の好きなタイプを選ぶようにしましょう。

  • 750MB 15日間 1,000円
  • 8GB 30日間 1,470円

安さをとるか、データ通信量をとるかは自分の使い方を見て決めましょう。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)

Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

ハワイ旅行海外SIM(プリペイド・ロック解除)
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました